2024年 2月 26日 (月)

子供たちには悲報...Xmasプレゼント平均予算1割減、物価高で「サンタ」の財布のひも固く

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今年(2022年)のクリスマスプレゼントの平均予算が、昨年より約1割(915円)少ない、7961円になったことが、おもちゃ大手のバンダイ(東京都台東区)の調査でわかった。2022年11月30日に発表した。

   エネルギー価格や原材料費の高騰、物流コストの上昇など、物価高の影響でサンタクロース役の親の財布のひもが固くなった。クリスマスプレゼントも節約志向が強まっている。

  • 今年のサンタクロースの動向は?(写真はイメージ)
    今年のサンタクロースの動向は?(写真はイメージ)
  • 今年のサンタクロースの動向は?(写真はイメージ)

予算「1万円以上」昨年から5ポイント減

   子供たちにとって、今年は「シブい」クリスマスになりそうだ。

   調査によると、クリスマスプレゼントの平均予算は7961円で、昨年から915円(89%)減った。クリスマスプレゼントの予算は、2018年が8410円、19年に9411円、20年は9244円と、コロナ禍にあっても上昇。それが、21年に8876円となり、今年はさらに減った。

   予算のボリュームゾーンは、「4000円以上6000円未満」が41.1%と最多。「1万円以上」と答えた人は昨年の30.9%に対して、今年は25.9%と5ポイントも少なくなり、予算減少に影響を与えていることが考えられるという。【図参照】

1万円以上の予算を組む親が減る一方、「6000円以上1万円未満」の回答が増えた(バンダイ調べ)
1万円以上の予算を組む親が減る一方、「6000円以上1万円未満」の回答が増えた(バンダイ調べ)

   また、「親が想定するクリスマスプレゼントの予算と、子供へ贈るクリスマスプレゼントの予算にギャップがあるか」の問いには、64%の人が実際に購入するプレゼントが予算内に収まらずに「ギャップが生じる」と答えた。

   ギャップが生じる理由(複数回答n=600)としては、「子供のリクエストが想定の予算と異なった」「年に一度のイベントだから」「子供のおねだりが強力だから」などの理由が上位にあがっている。

   ギャップが生じる人の内訳をみると、「想定した予算より高くなる」と答えた人が38.2%と多く、なかでも6~8歳の女の子の親に、「子供のおねだりが強力で高くなった」の数値が相対的に高かった。「想定より安くなる」は25.5%だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中