2024年 2月 29日 (木)

2023年の「福袋」の中身は? 注目は「体験型」...ウエディング関連プラン、100万円の「変身ツアー」、330万円の3Dプリンター住宅も!

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2023年の年明けに向け、初売りで展開する百貨店の「福袋」を、各社が次々と明らかにしている。

   新型コロナウイルスの感染第8波とされつつも、行動制限がなくなるなかで迎える新年。コロナ禍で控えてきたことを思い切り楽しんでもらおうと、「体験型」の福袋が注目を集めている。

  • 2023年は「卯年」です(写真はイメージ)
    2023年は「卯年」です(写真はイメージ)
  • 2023年は「卯年」です(写真はイメージ)

西武池袋本店、八ケ岳高原で楽しむ「ウエディング福袋」 阪急阪神百貨店、沖縄での「フォトウェディング」

   松屋の23年の福袋のテーマの一つは「コロナ禍でできなかったことをかなえる!」だ。ユニークな福袋が多い中、「A LITTLE CHANGE TOUR(ちょっと変身ツアー)~銀座・有楽町探訪」が目をひく。

   どういうものかというと、プロのスタイリストがアテンドして、自身に合った服などを購入しながら「変身」させてもらう。その後、クラシックカーに乗って、会席料理の名店「銀座吉兆」で食事をし、五つ星のラグジュアリーホテル「ザ・ペニンシュラ東京」で宿泊するスペシャル体験だ。男女ペア1組限定で価格は100万円。すべて込みで140万円相当の福袋だという。

   一方、コロナ禍で延期や中止となっていた結婚式を、今年こそ実行してもらおうという福袋も続々登場している。

   西武池袋本店は、八ケ岳高原(長野県)で楽しむ「ウエディング福袋」を準備している。邸宅1棟を完全貸し切りとし、新郎新婦の衣装やヘアメイク代のほか、参列者10人分の1泊2食付きの宿泊代金などをセットにする。1組限定、10万円で販売する。

   阪急阪神百貨店は、沖縄の海が見渡せるプライベートガーデンなどで撮影ができ、プライベートヴィラでの宿泊も付いた「フォトウェディング」の福袋を限定1組、39万8000円で提供する。

   タキシードやドレス、アートブーケ代なども含まれ、100カットの撮影ができるといい、「ラグジュアリーなリゾート気分を満喫してほしい」とPRする。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中