2024年 2月 23日 (金)

「年収2000万円でも、出世しないとダメ?」妻の冷淡さ嘆く夫の投稿が賛否!「出世に汲々の人よりステキ」「カネではなく人間力の問題」...専門家に聞いた(3)

   会社では出世街道から外れた「万年平社員」の50代のエンジニア男性。しかし、副業の不動産投資で才能を発揮、年収2000万円は稼ぐ。定年後も年収1000万円は楽勝だ。

   ところが、最愛の妻からは「出世しない人なんて」と相手にされず、「切ない日々を送っている」という嘆きの投稿が炎上気味だ。

   「2000万円も稼ぐなんて、出世に汲々としている人よりステキです」「いや、奥さんの気持ちもわかる。カネの問題ではなく、人間の器量の問題」と賛否の論争が起きている。専門家に聞いた。

  • 悩むエンジニア(写真はイメージ)
    悩むエンジニア(写真はイメージ)
  • 悩むエンジニア(写真はイメージ)

奥さんは、役員に上り詰めた自分の父親に重ね合わせている?

   <「年収2000万円でも、出世しないとダメ?」妻の冷淡さ嘆く夫の投稿が賛否!「出世に汲々の人よりステキ」「カネではなく人間力の問題」...専門家に聞いた(1)>および<「年収2000万円でも、出世しないとダメ?」妻の冷淡さ嘆く夫の投稿が賛否!「出世に汲々の人よりステキ」「カネではなく人間力の問題」...専門家に聞いた(2)>の続きです。

――ちなみに、「色男、カネと力(ちから)はなかりけり」(編集部注:女性が憧れるカッコいい男に限ってお金も力もないという川柳)というやっかみも男性からありました。

川上敬太郎さん「ベンチャー企業のイケメン社長など、世の中にはカネも力もある色男もいます(笑)。ただ、一般的に多くの人は、自分が持っているものは見ずに、自分にないものばかり見て欲しがる傾向にあるのかもしれませんね。そのことを愚かだという人もいるでしょうが、それはそれで、人間らしさでもあるように思います」

――ところで、妻がそれほど出世を望むなら「不動産投資会社」を起業して、「社長さん」になったらどうか、という提案さえありました。多くの回答者が、出世しない夫を「認めない」妻に対して批判的なようです。

川上敬太郎さん「もし本当に『肩書き』の問題だけなのであれば、起業することは現実的な解決策の1つだと思います。
投稿内容を拝読する限り、奥様は投稿者さんと自分の父親とを重ね合わせて比較しているファザコンだと言われてしまうのも致し方ないように感じます。ただ、これに関して、妻の本音がどこにあるのかは、投稿内容からだけで判断することは難しそうです。
ひょっとすると、決して出世しないことで投稿者さんを責めているのではなく、妻の目には投稿者さんが本来の力を発揮できていないと映っていて、そのことをもどかしいと思っているだけかもしれません。あるいは、まったく別の理由がある可能性もあります。投稿者さんは、一度、妻の本音を聞いてみるといいのかなと思います」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中