2024年 2月 24日 (土)

「ちょっと一杯!」上司・先輩が、Z世代部下を飲みに誘う時...彼らは何時間のつもりでいる? ほかに、「さくっと終わらせる」「なるはやでお願い」の場合は?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ちょっと一杯、行こうか」。勤め帰りに若い部下を誘おうとしているアナタ、Z世代の若者が時間に換算すると、「ちょっと一杯」ってどれくらいだと考えているか、わかりますか?

   シチズン時計(東京都)が2022年11月28日に発表した「働くZ世代の『時感』意識」によると、最も多かったのはたった「1時間」ですぞ!

   Z世代の上司や先輩の方々、過度に長時間の飲みニケーションにはご注意!

  • Z世代とのノミュニケーションは長くならないように?!(写真はイメージ)
    Z世代とのノミュニケーションは長くならないように?!(写真はイメージ)
  • Z世代とのノミュニケーションは長くならないように?!(写真はイメージ)

「電話の折り返し」は10分以内、「一服する」は10分ほど

   シチズン時計の調査は2022年11月1、2日、全国の18歳~26歳(Z世代)の給与所得者400人(男女各200人)を対象にインターネットでアンケートした。

   仕事関係の時間感覚では、勤め帰りの「ちょっと一杯」はどのくらいの時間?と聞くと、「1時間」(35.1%)が最も多く、次いで2時間(15.0%)、1時間30分(14.3%)と続く。ちなみに、「1時間未満」(5分~50分)は合わせて3割(32.4%)となる。平均時間は、1時間6分だった【図表1】。

「ちょっと一杯」は1時間が目安(シチズン時計調べ)
「ちょっと一杯」は1時間が目安(シチズン時計調べ)

   2013年に20代~50代を対象に行った同様の調査では、20代の平均時間は1時間33分だったから、この10年間で、約30分短くなったことになる。コロナ禍に伴い宴席の機会が少なくなった背景もあるが、上司がZ世代を「ちょっと一杯、行くかい?」と誘う場合、1時間が目安と考えたほうがよさそうだ。

   仕事の面ではどうなのか。ビジネスにおける電話の対応では、電話の折り返し(折り返しお電話します)は「10分後」(25.5%)、「5分後」(21.8%)が一般的な感覚のようで、遅くとも10分以内に折り返すのがZ世代の常識のようだ【図表2】。

(図表2)「一服する」(一休み)は5分~10分(シチズン時計調べ)
(図表2)「一服する」(一休み)は5分~10分(シチズン時計調べ)

   また、仕事中の気分転換でよく使う「一服する」は「10分」(46.3%)が最も多く、次いで5分(25.0%)だった。10分程度が目安のようだ【図表3】。

(図表3)「折り返しお電話すます」は少なくても10分以内(シチズン時計調べ)
(図表3)「折り返しお電話すます」は少なくても10分以内(シチズン時計調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中