2024年 4月 25日 (木)

テレ東流「弱者」の発想術...弱点をメリットに変えるには?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「不利な条件を強みに変える『テレ東流』逆転発想の秘密」という長いサブタイトルに引かれて手にしたのが、本書「弱者の勝利学」(方丈社)である。

   テレビ界で「最小最弱」のはずのテレビ東京が、2023年大卒就職希望先ランキングで、業界1位になったという。自分は「負け組」だと思っている人こそ、大きなチャンスがあると鼓舞している。

「弱者の勝利学」(田淵俊彦著)方丈社

   著者の田淵俊彦さんは1964年生まれ。慶応義塾大学法学部を卒業後、テレビ東京に入社。6年目に系列の制作会社に出向したのをきっかけに「秘境取材」に取り組む。その一方、社会派ドキュメンタリー番組を制作し、ギャラクシー賞を受賞。現在、テレビ東京制作局企画委員、プロデューサー。著書に「発達障害と少年犯罪」「秘境に学ぶ幸せのかたち」などがある。

   本書は「弱小テレビ局」「秘境」「大学という教育現場」という3つの視点から、弱者が勝つ方法について書いている。

ライバルのいない「ニッチな分野」に挑戦!

   かつては、後発で視聴率も低かったテレビ東京。そこから系列の制作会社に出た田淵さんは、「何か人と違うことをして、見返してやろう」と思った。

   テレビ東京の先輩には、ジャーナリスト・キャスターの田原総一朗さんがいたが、すでに会社を去り、田原さんが切り開いたテレビ・ドキュメンタリーというジャンルの系譜も途絶えていた。そこに目をつけたという。

   それは局内に競合ライバルがいないということであり、さらにニッチな分野だった「紀行ドキュメンタリー」である。しかも、海外モノに目をつけた。

   しかし、他局のレギュラー番組のように予算もなく、1本ずつ番組を企画して制作する単発ものを作り続けた。また、他局にライバルを設定、彼らに負けないことを目標にした。

   予算もマンパワーもない田淵さんはアイデアで勝負するしかないと考え、「初モノ」にこだわることにした。これまでテレビカメラが入ったことのない辺境にこだわり、「秘境ドキュメンタリー」という独自のジャンルを開拓した。

   30年近くかけて、100カ国を超える国々の、さまざまな秘境に行ったが、取材の方法論は、文化人類学のフィールドワークそのものだったという。そこで学んだのは、既存の常識や先入観を捨てること――つまり、「アンラーン(unlearn)」こそが、未知の問題を解決するカギになるということだった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中