2024年 2月 24日 (土)

「もう二度と、週休2日に戻れない」 海外の週休3日制「実験」、好意的な結果に...英国では賛同企業も増加中、世界的トレンドとなるか?(井津川倫子)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2022年6月から英国で行われていた週休3日制の「実験」が終了となりました(参考:「給料満額で休みだけ増える!」 英国で「夢のような」週休3日の実験が始まった!)。

   2023年2月に予定されている結果発表を前に、新たに企業100社が参加する「週休3日キャンペーン」が始まるなど、なんと「賛同」の動きが広がっています。

   お給料はそのままで休日が1日増える、夢のような今回の「実験」。参加者からは「もう二度と、週休2日には戻れない」といった声が聞こえてきます。週休3日が現実になる日は近いのでしょうか...。

  • 海外の週休3日制「実験」、どうなった?(写真はイメージ)
    海外の週休3日制「実験」、どうなった?(写真はイメージ)
  • 海外の週休3日制「実験」、どうなった?(写真はイメージ)

「2030年までに、週休3日制は当たり前になる」は本当なのか?

   2022年6月から半年にわたって実施されていた「英国版週休3日制」の実験が終了しました。これまでも米国やアイルランドで小規模な実験は行われていましたが、約70企業3000人が参加した「世界最大規模」の実験結果に、世界中の注目が集まっています。

   英国の実験は、「お給料はそのまま」で「休日を増やし」、「生産性を維持する」ことをお題目にしていましたが、果たして結果はどうだったのでしょうか? 「週休3日制」導入の命運を握る公式発表を前に、新しい動きが報じられています。

A hundred UK companies sign up for four-day work week with no loss of pay
(英国企業100社が、給料を減らさずに週休3日を導入する動きに加わった:英ガーディアン紙)
four-day work week:週休3日制

   おさらいになりますが、英語で「週休3日制」「four-day work week」(週に4日働く)です。休みの日数をカウントする日本語と、働く日数をカウントする英語との違いが面白いですが、英語バージョンの方が「4日だけ働く(残りの日は働かない)」という強い意志が伝わってくる気がします。

   ガーディアン紙が報じているのは、合計で2600人の従業員を抱える英国企業100社が、新たに週休3日制を求めるキャンペーンに参加した、というニュース。「実験」効果を踏まえた上で、より強く「週休3日制」のメリットを発信して他企業に広げていこう、という狙いのようです。

   記事では、半年間の「実験」に参加した経営者や従業員の声を紹介していますが、週5日働く「週休2日制」は、前時代の「hangove」(遺物)だ、自分たちが「週休3日制」を広げる「vanguard」(先駆者)になろう、といった熱いコメントがあふれています。

   さらに、「週休3日制」をめぐる議論は、「19世紀に週休2日制が導入された時も同じような動きがあった」とする歴史家の指摘も紹介。「2030年までには、週休3日制は当たり前になるだろう」と大胆な予測すらしています。

   今回の「週休3日制」推進キャンペーンには、コンサルティング業やIT企業、マーケティング企業といった比較的「週休3日制」にトライアルしやすいとされるサービス業だけでなく、新たに製造業や建設業も加わっているとか。

   19世紀に週休2日制を「発明」したのは、英国人だとされています。世界に先駆けて「週休3日制」推進に意気込む姿から、「働き方の歴史を変える」といった英国人の気概とプライドが伝わってきました。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中