2024年 3月 1日 (金)

マネックス証券、社員向け「出張」金融勉強会...ヘアメイク専門店「アトリエはるか」で開催 ライフイベントにかかるお金、iDeCo、つみたてNISA学ぶ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   老後2000万円問題や、昨今の急激な円安や物価高を背景に、若者などを中心に資産形成・運用や投資を学ぼうというムードが高まっている。

   そうしたなか、マネックス証券が2022年12月13日、ハルカホールディングス傘下で全国60か店でヘアメイク専門店を展開する「アトリエはるか」東京支社(東京都渋谷区)の社員向けに、ライフイベントにかかるお金と資産運用についての金融講義を開いた。始業前の9時から、会議室に集まった40人弱の社員が熱心に耳を傾けた。

   アトリエはるかの社員の多くは、ヘアメイクなどの技術職。人材マネジメント部 執行役員の髙澤喬子氏は「ここはバックオフィスの社員が中心ですが、午後には全国の店舗の社員に向けて、同様の内容をオンラインで公開します。個人も自身の手でお金を増やしていく時代。技術も大事ですが、金融知識も身につけることで、さらなる自己実現を目指してほしいです」と、ねらいを語った。

  • ファイナンシャルプランナーでMoney&You取締役の高山一恵氏が講師をつとめた
    ファイナンシャルプランナーでMoney&You取締役の高山一恵氏が講師をつとめた
  • ファイナンシャルプランナーでMoney&You取締役の高山一恵氏が講師をつとめた

社員の金融リテラシーの向上、どの企業でも必要

   今回の社員向け金融・資産運用の勉強会は、ハルカHDの岩井大輔社長がマネックス証券に相談して実現したものだ。金融以外の企業でも社員の金融リテラシーの向上が重視されてきており、アトリエはるかとしては、初めての試みとなった。

   一方、マネックス証券にとっても、企業の社員向けの資産運用の勉強会は、まだ緒についたばかり。同社は児童・生徒や学生、投資初心者に向けたセミナーや勉強会を重ねてきたが、「企業向けの(勉強会)のご相談は増える傾向にあり、そういったご要望に応じていきたい」(広報室)と話している。

   この日の冒頭のあいさつで、マネックス証券の清明祐子氏は「老後2000万円問題が取り沙汰され、また年金などが期待できないとされるなか、自身の資産を自ら増やすことが必要とされる時代となりました。きょうが資産運用を始めるきっかけになっていただければ...」と話した。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中