2024年 2月 27日 (火)

卓越した経営者とはどんな人?...調査結果1位は「経営の本質についての考え遺した」あの人物

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「卓越した経営者」であると思われる人物は――。

   日本能率協会(JMA)が実施しているトップマネジメント研修プログラムの受講者を対象に実施した意識調査の結果が出た(有効回答者数は278人。2022年7月14日~10月26日に実施)。

   それによると、第5位に渋沢栄一氏、第4位はスティーブ・ジョブズ氏、第3位は本田宗一郎氏、第2位に松下幸之助だった。

   納得の顔ぶれだが、その第1位には今夏に90歳で他界した、京セラやKDDIの創業者、稲盛和夫氏だった。そのワケは......。

  • 卓越した経営者とはどんな人?(写真はイメージ)
    卓越した経営者とはどんな人?(写真はイメージ)
  • 卓越した経営者とはどんな人?(写真はイメージ)

経験の中で体得した経営の要諦「経営12か条」

   調査では、もっとも卓越した経営者であると思う人物を、一人をあげてもらった。その結果、第5位は渋沢栄一氏(11票)、第4位はスティーブ・ジョブズ氏(13票)、第3位は本田宗一郎氏(14票)、第2位に松下幸之助氏(44票)。そして、第1位は稲盛和夫氏(50票)だった。

   稲盛和夫氏は、1959年に京都セラミツク(現、京セラ)を設立し、ファインセラミックスの技術で成長した。社長、会長を経て、1997年から名誉会長を務めた。

   また、電気通信事業の自由化に即応して2000年にDDI(第二電電)を設立。その後の合併でKDDIとなり、取締役名誉会長に就任、01年6月には最高顧問となる。さらには10年2月、政府の要請を受けて、経営破たんした日本航空(JAL)の再建を託された。13年に名誉会長、15年に名誉顧問となった。

   その独特な経営管理手法は「アメーバ経営」と呼ばれ、また倹約家としても知られる。その一方で1983年からは、1万5000人もの経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、経営者の育成に心血を注いだ(2019年末まで)。遺した名言も数多い。

「人生とはその『きょう一日』の積み重ね、『いま』の連続にほかなりません」
「世の中、チャレンジしているうちは失敗はない。あきらめた時が失敗である」
「現在の能力でできる、できないを判断してしまっては、新しいことや困難なことはいつまで経ってもやりとげられません」
「平凡なことを完璧にやり続けることで胆力がつく」
「集団、それはリーダーを映す鏡なのです」

   今回の調査では、これからの経営者に求められる「資質」についても聞いており、その結果は「本質を見抜く力」(41.4%)が第1位となった。JMAは、J-CASTニュース 会社ウォッチの取材に、次のように解説する。

「稲盛氏は、経験の中で体得された経営の要諦を『経営12か条』としてまとめられていますが、社会への責務、人や組織に対する洞察、リーダーとしての在り方など、まさに経営の本質についての考えを遺されていることが、今回の評価につながっているものと考えます」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中