2024年 3月 2日 (土)

ゲオHD株、年初来高値...物価高で「節約意識」高まり、中古品市場の活況が好影響

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   DVDレンタルや中古品販売の大手、ゲオホールディングス(HD)の株価が2022年12月22日の東京株式市場で一時、前日終値比155円(7.9%)高の2105円まで上昇し、約1か月半ぶりに年初来高値を更新した。その後も連日更新を続けている。

   直接の材料は岩井コスモ証券が22日に配信したリポートで、目標株価を2000円から2400円に引き上げたことによる。だが、成長力を秘める中古衣料品店「セカンドストリート」への投資家の期待が背景にあり、好材料が出るたびに上値を追う可能性もありそうだ。

  • ゲオHD株に注目
    ゲオHD株に注目
  • ゲオHD株に注目

23年3月期連結決算の業績予想を上方修正...最終利益は19億円多い57億円見込む

   ゲオHDの業況を確認しておこう。近いところでは、11月11日に2023年3月期連結決算の業績予想を上方修正している。

   売上高は3500億円(前期比4.5%増)で従来と変わらずだが、営業利益は従来比30億円多い100億円(前期比22.3%増)、経常利益は39億円多い115億円(前期比19.0%増)、最終利益は19億円多い57億円(前期比3.9%減)と、各利益ともに上方修正した。

   ゲオHDは理由について、「インバウンド需要回復の遅れから高級ブランドの中古品の売り上げは想定を下回ったものの、物価高による生活防衛手段としての中古衣料品・雑貨への需要が高まり、これらの売り上げが想定を上回って推移したことから各利益の見込みが当初想定を上回っている」と説明している。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中