2024年 2月 23日 (金)

「もう一度同じ会社に入りたい」希望する人28%...この結果、経営者はどう読む?

   会社経営者は、この数字にどう思うだろう――。

   「学生のときの会社選びで重視したこと」と「実際に会社に勤めてみて重要だと思うこと」などの意識調査を実施したところ、「もう一度、今と同じ会社を希望する人」は「28%」にとどまった。

   リユース事業のQ.E.D.パートナーズ(神奈川県川崎市)が、社員として働く20代~40代の200人を対象に聞いた。2022年12月27日の発表

   「もし、過去に戻れるとしたら、もう一度今の会社に入社を希望しますか?」の問いには、「希望しない」と答えた人が72%にのぼっている。

  • 会社選びの意識とは?(写真はイメージ)
    会社選びの意識とは?(写真はイメージ)
  • 会社選びの意識とは?(写真はイメージ)

もう一度入りたい会社「給料は安いが、福利厚生がしっかりしている」

   まずは、調査に寄せられた回答者の「生」の声を聞いてみよう。「もう一度、今と同じ会社を希望する」と答えた人は、こんな意見を寄せた。

「自分のペースで仕事が進められ、比較的給料も高いので」
「好きな仕事内容で、人間関係も良好なため」
「3社目ですが、これまでの会社で最も残業が少なく、最も仕事が自分に合っていると思うから」
「職場環境が良いのと、福利厚生にも満足しているから」
「給料は安いですが、福利厚生制度がしっかりしているため。また、人間関係が比較的良好なため」
「時差出勤や有給などワークライフバランスがよい会社だから」
「なんだかんだで、今の会社で仕事することに愛着がある」
「福利厚生が充実しており、しっかり働いてしっかり遊ぶメリハリのある企業だからです」
「親切な上司が仕事のノウハウをいくつも教えてくれ成長できたので、もう一度希望したいです」
「とても仕事内容が充実しているので」
「企業の方針がしっかりしており、将来性に期待できたから」
「さまざまな分野に取り組んでおり、いろいろなことにチャレンジできると思ったから」

   人間関係が良好なことやワークライフバランスがよいこと、また福利厚生がよいことを挙げる人が多いようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中