2024年 4月 25日 (木)

1月3日は一時、1ドル=129円台後半まで円高が進行...今週の展望は?(1月4日~1月6日)【株と為替 今週のねらい目】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 レンジ内の動きか

東京株式市場見通し(1月4日~6日)
日経平均株価予想レンジ:2万6000円~2万7000円

2022年12月30日(金)終値 2万6094円50銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、レンジ内の動きか。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、続落した。12月31日の大納会こそ小幅に上昇したものの、全般は米国を中心とした景気の減速懸念の強まりを受け、米国株が下落。それを受け、日経平均株価も軟調な展開だった。

   加えて、12月20日の金融政策決定会合で、日銀が長期金利の変動幅を拡大する金融政策の変更を行ったことも、日経平均株価の上値抑制要因となっている。

   今週の日経平均株価は、様子見気分の強い、レンジ内の動きとなりそうだ。

   全般は昨年末の地合いを引き継ぎ、上値の重い展開が予想される。支援材料としては、3日の東京市場で、一時1ドル=129円台後半まで円高が進行したことがあげられるが、相場の鍵を握るのは米国を中心とした景気動向だろう。

   その点では、今週は米国の経済指標が相次いで発表される。特に、6日には米国の12月雇用統計の発表を控えており、注目だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中