2024年 4月 13日 (土)

ECサイト「北欧、暮らしの道具店」で上場!...クラシコム社員の平均給与はいくら? 気になる業績推移や平均勤続年数もチェック!

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、ECサイト「北欧、暮らしの道具店」を運営するクラシコムです。

   クラシコムは2006年、兄の青木耕平氏と妹の佐藤友子氏で創業。最初の事業に失敗し、「最後の社員旅行」で訪れた北欧で買い集めた雑貨販売にピボットします。創業時に2人で出資した800万円以外に、外部から資金調達をしないまま、上場を果たしたのも異例です。

  • 今回は「クラシコム」に注目(写真はイメージ)
    今回は「クラシコム」に注目(写真はイメージ)
  • 今回は「クラシコム」に注目(写真はイメージ)

創業以来16期連続で増収増益

   それではまず、クラシコムの近年の業績の推移を見てみましょう。

   クラシコムの業績はここ数期、順調に伸びています。2022年7月期の売上高は4期前の2.4倍となる51.6億円に達しました。営業利益は8.4億円で、営業利益率は前期比でやや悪化していますが、16.3%と高い水準を達成しています。

   経常利益も一貫して右肩上がりで、創業時から16期連続で増収増益。2022年7月期の最終利益のみ前期比で若干減っていますが、これは2021年7月期に「特別利益」として、関連会社清算益1202万円が計上されていた反動などが影響しています。

   なお、クラシコムは2022年8月5日に東証グロース市場に上場し、2022年7月期に営業外費用として上場費用703万円を計上しています。

   従業員数は79人(2022年7月末現在)と少数精鋭で、従業員ひとりあたりの売上高は6500万円あまり、営業利益は1000万円を超えています。

   2023年7月期の業績予想はレンジ予想で、売上高が58億0100万円~60億4400万円、営業利益は8億6600万円~9億0300万円、最終利益は6億100万円~6億2600万円と、いずれも過去最高を更新する見込みですが、営業利益率は3.0~7.3%と悪化する予想です。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中