2024年 3月 3日 (日)

Z世代若者が読む小説ランキング!...大学生の心理戦「就活ミステリー」、作家兼YouTuberの動画と連動「ホラー小説」、ボカロ作曲家の「音楽コラボミステリー」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   Z世代の若者はどんな小説を読んでいるのだろうか。

   リアル書店とオンライン書店が融合したハイブリッド型総合書店「honto」が2023年1月9日に発表した「2022年度 新成人が読んだ小説ランキング」によると、「就活ミステリー」あり、YouTube動画と連動したホラー小説あり、音楽とコラボした青春サスペンスありと、Z世代らしい「新感覚小説」がランクインしている。

   先輩世代のあなた、読むと新しい世界が開けるかも?

  • 飲み物を手に読書のひととき(写真はイメージ)
    飲み物を手に読書のひととき(写真はイメージ)
  • 飲み物を手に読書のひととき(写真はイメージ)

1位はウクライナ戦争で注目、『同志少女よ、敵を撃て』

   「honto」は、書店と本の通販サイト、電子書籍ストアがひとつになったハイブリッド型総合書店だ。大日本印刷(DNP)が丸善ジュンク堂書店、文教堂、そして電子書籍サービスのトゥ・ディファクトと共同で運営している。

   「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で提供する」をキャッチフレーズに2012年5月にサービス開始。2023年1月現在、全国で約180のリアル書店が参加、会員数770万人を突破したとしている。

   ランキング調査は2021年11月1日~2022年10月31日の期間、ハイブリッド型総合書店「honto」で2022年度に新成人となる18歳から20歳(2002年4月2日~2005年4月1日生まれ)の人が、ジャンル「小説・文学」の本を買ったデータから抽出した。

   その結果、新成人に最もよく読まれた小説は次の通りとなった。

【2022年度・新成人が選んだ小説ランキング】
(1位)『同志少女よ、敵を撃て』(逢坂冬馬・早川書房)
(2位)『正欲』(朝井リョウ・新潮社)
(3位)『腹を割ったら血が出るだけさ』(住野よる・双葉社)
(4位)『変な家』(雨穴・飛鳥新社)
(5位)『日経「星新一賞」第一回受賞作品集』(日本経済新聞社)
(6位)『六人の嘘つきな大学生』(浅倉秋成・KADOKAWA)
(7位)『52ヘルツのクジラたち』(町田そのこ・中央公論新社)
(8位)『赤と青とエスキース』(青山美智子・PHP研究所)
(9位)『親愛なるあなたへ』(カンザキイオリ・河出書房新社)
(10位)『日経「星新一賞」第九回受賞作品集』(日本経済新聞社)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中