ソニーホンダの新EV「アフィーラ」プロトタイプ披露...関心高まる移動中のエンタメ機能、新時代の「感動体験」はどう結実するか?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ソニーグループとホンダが出資する電気自動車(EV)の新会社「ソニー・ホンダモビリティ(SHM)」が、自社開発した電気自動車(EV)のブランド「AFEELA(アフィーラ)」を発表した。

   米国・ラスベガスで2023年1月4日、世界最大級の家電IT見本市「CES」開幕を前に会見を開き、プロトタイプ(試作車)をお披露目。25年前半に先行受注を始め26年春から北米で納車を始める予定だ。

   SHMが標榜する「動くエンターテインメント空間」はユーザーの心をつかめるか。

  • 期待感がつのるソニーホンダの新EV「アフィーラ(AFEELA)」(「アフィーラ(AFEELA)」の公式サイトより)
    期待感がつのるソニーホンダの新EV「アフィーラ(AFEELA)」(「アフィーラ(AFEELA)」の公式サイトより)
  • 期待感がつのるソニーホンダの新EV「アフィーラ(AFEELA)」(「アフィーラ(AFEELA)」の公式サイトより)

注目ポイント多数...目を引くフロントパネルの「メディア・バー」、ゲーム会社とのコラボ、「レベル3」自動運転の搭載目指す

   アフィーラの試作車は、シルバー色のセダン車でシンプルなデザイン。フロントパネルには「メディア・バー」と呼ばれる横長のディスプレーが付いており、歩行者に注意を促すメッセージを出すなど、外に意思を伝えるツールになるという。

   内装で目を引くのが、ダッシュボードの横一面ぶち抜きで設置されたディスプレーだ。メーター表示やカーナビと同時に、音楽や映画などを楽しめる。ソニーのコンテンツだけでなく、人気ゲーム「フォートナイト」の開発元・エピックゲームズとの協業も発表した。

   自動車としての性能面では、特定の条件下でシステムが運転を担う「レベル3」の自動運転の搭載を目指す。そのために、45個のカメラやセンサーを車内外に搭載し、必要な高性能半導体は米大手クアルコムから調達する。

   車載OS(基本ソフト)は独自に開発し、自動車の制御からクラウド上にあるソフトまで一貫して自前で設計し、高速通信規格「5G」で随時アップデートする方針だ。

   SHMの水野泰秀会長兼最高経営責任者(ホンダ出身)は「従来の空間や時間の概念を取り払い、移動空間を動くエンターテインメント空間へと変革させる」と強調し、「人々の移動の歴史に新たな章を刻む」と自信を示した。

   ちなみに、ブランド名「アフィーラ」の由来は、FEEL(感じる)を中心におき、3つのコンセプトAutonomy(進化する自律性)、Augmentation(身体・時空間の拡張)、Affinity(人の協調、社会との共生)が示す「A」でFEELを挟み込んだという。

姉妹サイト