2024年 4月 23日 (火)

メンタルが不調な時、すべてのタスクに100%フルパワー込めるのやめよう【尾藤克之のオススメ】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   うつ病9年目、再発5回。本書は、著者・デラさんが「村人A」として生き直したら、少しずつ元気になったストーリーをしたためた内容です。リアリティがあり、この本から、こころの病になったときの注意点や対処法を読み解くことができます。

「うつ病で20代全部詰んでたボクが回復するまでにやったこと」(デラさん著)サンクチュアリ出版

仕事で大切なことは何かを考える

   精神科医や、メンタル系の発信者がよく提唱するのが、朝散歩のススメです。「太陽を浴びてセロトニンの分泌を増やすと、心が安定し、うつ病から回復できる」という話は、聞いたことがあると思います。仕事や勉強なども、朝の方がはるかにはかどる、とはよく言われることです。調査研究も多く、それなりにエビデンスに基づいているとも言えます。

   たしかに朝日を浴びるのは気持ちがいいですが、うつ病の人は朝が苦手なようです。著者は次のように言います。

「うつ病の人が1日に得られる活動エネルギーが100だとすると、消費エネルギーは1万にもなるイメージです。朝散歩をして活動エネルギーを仮に2倍に増やしたところで、焼け石に水。精神科医の言うとおり、セロトニンは大事なんだと思います。でも、うつ病のボクらは、まず消費エネルギーを減らすほうに力を注ぐべきなのです」(デラさん)
「とりくむべきミッションは、『休みの日に回復する量を多くする』ということですね。可能であれば、働く日数を減らして、休む日数を増やすのがオススメです。回復にあてられる時間が多くなればなるほど、回復の勝率は上がっていくからです。そしてもうひとつ、仕事へのとりくみ方を変えていく必要があります」(同)

   「仕事で成果を出す」ことは考えるべきではありません。むしろ大切なことは「優先順位」です。たとえば、「ゴミを捨てる」というタスクがあれば、120%の力を出すのではなく、30%の力でやることを遂行すればいいのです。「ゴミを捨てる」というのは、誰がやっても大差がなく、緊急でもなく、お金を生まない仕事だからです。

   このような仕事にフルパワーをぶち込んでも、もったいないとデラさんは言います。

「うつ病になってしまう多くの人は、こうした場面でも気を張ってがんばってしまいがちです。どうでもいい局面でも100%、120%の力を出してしまうから、疲れが蓄積されていくのです。これでは、週末の休息だけでは回復が追いつきません」(デラさん)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中