2024年 2月 26日 (月)

「離職率が日本一低い」ゴールドウイン社員の平均給与はいくら? 気になる業績推移や平均勤続年数もチェック!

   就職先、転職先や投資先を選ぶとき、会社の業績だけでなく、従業員数や給与の増減も気になりませんか?

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、東洋経済ONLINE「離職する人が少ない大企業」ランキングで1位(離職率0.5%)に輝いたスポーツウエア大手のゴールドウインです。

   同社のルーツは1951年、津沢メリヤス製造所として富山県に設立。1963年、東京五輪のユニフォーム製造を受注し、社名をゴールドウインへ改称します。1991年に東証二部上場、1995年に東証一部へ市場変更(現プライム)。自社ブランドのほか、THE NORTH FACEやellesse、HELLY HANSENなど約20もの海外スポーツブランドの製品を展開しています。

  • 今回は「ゴールドウイン」に注目(写真はイメージ)
    今回は「ゴールドウイン」に注目(写真はイメージ)
  • 今回は「ゴールドウイン」に注目(写真はイメージ)

コロナ禍の打撃を受けつつ、業績は右肩上がり

   それではまず、ゴールドウインの近年の業績の推移を見てみましょう。

   ゴールドウインの売上高は右肩上がりに伸びています。2020年3月期にはラグビーW杯2019日本大会の日本代表レプリカジャージの売上好調などもあり、売上高は10期連続増収、営業利益は12期連続増収かつ3期連続で最高益を更新しました。

   一方、2021年3月期にはコロナ禍の大打撃を受け、第1四半期中の約2ヶ月間にわたり「ほぼ全店休業状態」を余儀なくされましたが、それでも前期に次ぐ売上利益を確保しました。

   2022年3月期にはEC売上高が前期比16.4%増加したことなどにより、過去最高の売上高を記録しV字回復を果たします。営業利益はコロナ前の水準に回復しなかったものの、営業利益率16.8%と改善しています。

   2023年3月期の業績予想は、売上高は1060億円(前期比7.9%増)と過去最高を更新し、営業利益は170億円(同3.0%増)となる見込みです。なお、第1四半期決算時に第2四半期の予想を上方修正しましたが、通期ではいまのところ変更はしていません。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中