激震走る!話題のAIチャットボット「ChatGPT」は、仮想通貨投資に役立つのか!?【仮想通貨通信vol.2 前編】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   公開から6日で100万人ユーザー獲得。Googleが検索エンジンに対する脅威であるとして、「コード・レッド」を宣言。そんな触れ込みで爆発的に普及したAI「ChatGPT」。

   試しに使ってみたところ、質問に対して的確なアドバイスを提案したり、プログラムの修正点をしてくれたりするなど、AIの進化と驚異的な実力を目の当たりにしました。今回は、そんなChatGPTを仮想通貨への投資にどのように活用できるか、検証していきます。

   こんにちは、ブロックチェーン関連の技術やプロジェクトを調査しています、ブロックスタです! 当コラム【仮想通貨通信】では最先端のちょっととっつきづらかったりする情報をわかりやすくお伝えして行きます!

   今回は2022年11月にリリースされチャット上で自然な文章を生成し人間と対話することのできるという点で衝撃と共に大きく注目を集めているAI「ChatGPT」について紹介していきます。

大注目のChatGPTとは?...膨大なデータをもとに「考えて」文章を生成

   ChatGPTとは、チャット上に質問を入力するだけで、適切な回答を返信してくれるAI(人工知能)。膨大なデータをもとに「考えて」文章を生成しているので、米国では医師の国家試験に合格するような事例も出てきているそう。

   試しに、ChatGPTに「二泊三日の東京観光を予算10万円で回る」という指示を与えて、旅程を組んでもらいました。すると、以下の画像のようになりました。

   こう見ると、一見しっかり旅程を組んでもらえたようにも見えますが、初日に表参道を観光しつつ最終日に原宿へ行ったり、謎の「池袋グルメ」を堪能する、という不思議なルート。

   日本語は学習したデータが少ないこともあり、まだまだ旅行会社を超えるほどのできではないようです。

   もちろん、現在のChatGPTに搭載されているAIは3000億のデータから構成されているのに対し、現在開発中のAI(GPT-4)は10兆ものデータから構成されると予想されています。したがって、「日本語での物足りなさ」という点についても、ある程度克服できると考えられます。

   そんな優秀なAIの出現はさまざまな分野に衝撃を与え、今後多くのホワイトワーカーの仕事を省力化するのではともとらえられています。

   というわけで、私はこのChatGPTを仮想通貨への投資にも役立てられないかと考えました。

姉妹サイト