今週は、日銀次期正副総裁人事案の提示&米国バイデン大統領一般教書演説、パウエルFRB議長講演に熱視線(2月6日~2月10日)【株と為替 今週のねらい目】

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 上値の重い展開か 米国の長期金利の低下→円高進行は懸念材料

東京株式市場見通し(2月6日~10日)
日経平均株価予想レンジ:2万7000円~2万7800円

2023年2月3日(金)終値 2万7509円46銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値の重い展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、4週続伸した。米国の利上げが3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)での0.25%引き上げにより終了するとの見方が強まり、米長期金利が大幅に低下し、米国株が上昇したことが支援材料となった。

   今週の日経平均株価は、上値の重い展開となりそうだ。

   米国の利上げ打ち止め期待は、まだ確定的なものではなく、流動性が高い。ただ、米国の長期金利の低下は円高進行に結び付き、日経平均株価には懸念材料となる。日経平均株価が上値を追っていけるような支援材料には乏しく、このため今週から本格化する企業決算を中心に個別株物色の動きとなる可能性が高い。

   注目は10日に国会に提示される予定の日本銀行の次期正副総裁人事案。総裁候補者が誰になるかによって、さまざまな憶測が市場に生まれ、相場の方向性に影響を与える可能性がありそうだ。

姉妹サイト