2024年 6月 17日 (月)

「入居前からの壁の古キズ修繕費まで請求!」引っ越し時の賃貸住宅「原状回復」トラブル...対策の決め手は「住み始めた時からの備え」にアリ!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2月から引っ越しシーズンが始まったが、例年、賃貸住宅から退去する際、「高額な原状回復費用を請求された」「入居前からあったキズなのに修繕費用を支払わされた」といったトラブルの相談が絶えない。

   そこで、国民生活センターは2023年2月1日、「住み始める時から、『いつか出ていく時』に備えておこう! 賃貸住宅の『原状回復』トラブルにご注意」という警鐘を鳴らす報告を発表した。

   住宅の賃貸借契約のことをよく知り、住み始める時から出ていく日に備えれば、トラブルに巻き込まれて余計な費用を支払わなくてもすむ。その方法はこれだ。

  • 賃貸マンションに多い退去時のトラブルとは(写真はイメージ)
    賃貸マンションに多い退去時のトラブルとは(写真はイメージ)
  • 賃貸マンションに多い退去時のトラブルとは(写真はイメージ)

喫煙者だけのエアコン修理代、吸ってもいないのに請求された

   国民生活センターによると、賃貸住宅の原状回復に関する相談件数は毎年1万3000~4000件程度あるが、月別に見ると、引っ越しシーズンがスタートする2月から増え始めて3、4月にピークを迎えるのが特徴だ。

   相談者を年代別(2021年度)にみると、若い世代に多いのが特徴で、30歳代(29.%)が最も多く、20歳代から40歳代を合わせると全体の7割(73.0%)を超える【図表】。

(図表)年代別賃貸住宅「原状回復」トラブル相談件数、30~50代の働き盛りが多い(国民生活センターの作成)
(図表)年代別賃貸住宅「原状回復」トラブル相談件数、30~50代の働き盛りが多い(国民生活センターの作成)

   こんな事例が代表的だ。

【事例1】敷金礼金不要アパートの退去時、契約書と異なるエアコン清掃代や入居前からあったフローリングのキズの修繕費用まで請求された

   2年間居住した、1LDKで家賃5万円、敷金と礼金が0円の賃貸アパートを退去した。原状回復費用の請求書が届いたが、ハウスクリーニング代約5万円、鍵交換代約1万円、クロス修復代約1万円、フローリング修復代約2万円など合計10万円を超えていた。

   ハウスクリーニング代については、契約書に特約として記載があるので支払うつもりだが、施工業者に確認したら相場はもっと安いと言われた。また、クリーニング代にはエアコンの清掃代が含まれているが、契約書にはエアコン清掃代は「室内に喫煙の形跡が残っている場合のみ」と記載されており、自分は喫煙していない。また、フローリングについては、入居時に複数のキズがあった。請求に納得できない。(2022年4月・30歳代男性)

【事例2】アパート退去時、自分では「通常損耗」だと思う箇所の修繕費用や、契約書に記載のないハウスクリーニング費用まで請求された

   25年間入居していたアパートを退去した。家賃は約7万円で、敷金22万円を払っている。管理会社と立会い後、書面を交わして退去したが、その後、「床の張替え、建具の塗り替え、畳表替え、クロス塗装、ハウスクリーニング等の費用約19万円を敷金から差し引いて返金する」との書面が届いた。

   居住年数が長いのでそれなりに汚れはあったが、破損させた箇所はないし、立会 いの時にも特に指摘されなかったので、通常損耗だと思う。賃貸借契約書には畳の表替えに関する記載はあるが、ハウスクリーニング費用に関する記載はない。納得できないがどうしたらよいか。(2022年11月・40歳代男性)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中