2024年 5月 19日 (日)

育休中のリスキリングを支援って、どういうこと? 育児自体が貴重な「学び直し」の機会なのに【vol.22】(川上敬太郎)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   世の中では、DXだAIだと新しい技術習得にシャカリキになっています。政府はリスキリングに5年で1兆円の予算を投じるのだとか。たしかに、時代の変化についていくために、学び直しは必要なことだと思います。

   国会では、育休取得者にリスキリングの支援をしてはどうか、というやりとりが話題になりました。しかし、そのやりとりに対して向けられたのは、「育児で手一杯なのに、学び直しなんてしてるヒマはない!」という怒りの声。そう、育児は大変なのです。

  • 赤ちゃんや子どもから教わることは多いものです(写真はイメージ)
    赤ちゃんや子どもから教わることは多いものです(写真はイメージ)
  • 赤ちゃんや子どもから教わることは多いものです(写真はイメージ)

赤ちゃんの世話で磨かれる「段取り力」「瞬発力」「実行力」「責任感」、そして「感動体験」。

   いまや育休は、男性も取得するよう、促される時代となりました。なかには、すでに男性の育休取得率が100%に到達している会社もあるのだとか。しかし、育休を取得した男性の約7割は2週間未満なのに対し、女性は10か月以上が約7割。まだまだ育児のメインは女性なのが実情です。

   さらには、育休と言いながら育児もせず、ゲームなどをしながらゴロゴロしている夫もいるとか。そんな、名ばかり育休の最中であればリスキリングすることも可能なのでしょう。しかし、一所懸命育児に取り組んでいる人たちはそれどころではありません。

   ただ、国会答弁のやりとりをよく聞くと、決して育休の間はヒマだからリスキリングに時間を当ててもらおうという意図ではなかったようです。やり玉に挙がった岸田首相もその後、「希望した人がリスキリングに取り組める環境整備の強化が重要という主旨」だったと説明しています。

   しかしながら、そんなことより、もっと根本的な疑問があります。

「そもそも育児自体が、学び直しの機会なんじゃないですか?」

   育児って、本当に大変です。泣くことしかできない赤ちゃんと一日中向き合いながら、いろんなことに対処しなければなりません。オムツを替えたりミルクをあげたり。ときに、何をしても泣き止まない困ったな、と途方に暮れてしまうこともあります。そして、額に手を当ててみると「すごい熱だ...」と病気だったことに気づいた時などは冷や汗ものです。

   いい加減な対処をしてしまうと、命に関わる。それが育児です。

   そんな緊張感あふれる日々の中で、時折赤ちゃんがご機嫌に笑っている姿を見たり、スヤスヤと気持ちよさそうに眠っている様子を見たりすると、何とも言えない気持ちになって癒されます。

   しかし油断していると、次の瞬間突然目を覚まし、狂ったように泣き始めてオロオロしてしまう、なんてこともあります。そうなると、赤ちゃんにかかりきりにならざるを得ず、食事の用意や洗濯物の取り込みなど、それまで考えていた予定を急遽組み替えなければなりません。そんなふうに振り回される日々を過ごしているうちに、「段取り力」がガンガン鍛えられていきます。

   ようやく泣き止み眠りについた赤ちゃんをそ~ぉっと寝かせた後、他の用事を一気に済ませる時に磨かれるのは、「瞬発力」や「実行力」、「責任感」などです。そして、ヘトヘトになりながら様子を見に戻ってみると、先ほどの狂ったような鳴き声から一転して、ご機嫌な笑顔。それまでの大変さがウソのように吹き飛んでしまったりします。

   そんな感動体験も、職場では得られない学びです。

川上 敬太郎(かわかみ・けいたろう)
川上 敬太郎(かわかみ・けいたろう)
ワークスタイル研究家
男女の双子を含む、2男2女4児の父で兼業主夫。愛知大学文学部卒業後、大手人材サービス企業の事業責任者を経て転職。業界専門誌「月刊人材ビジネス」営業推進部部長兼編集委員、広報・マーケティング・経営企画・人事部門等の役員・管理職、調査機関「しゅふJOB総合研究所」所長、厚生労働省委託事業検討会委員等を務める。
雇用労働分野に20年以上携わり、仕事と家庭の両立を希望する「働く主婦・主夫層」の声延べ4万人以上を調査・分析したレポートは200本を超える。
NHK「あさイチ」、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」などメディアへの出演、寄稿、コメント多数。
現在は、「人材サービスの公益的発展を考える会」主宰、「ヒトラボ」編集長、しゅふJOB総研 研究顧問、すばる審査評価機構株式会社 非常勤監査役、JCAST会社ウォッチ解説者の他、執筆、講演、広報ブランディングアドバイザリー等の活動に従事。日本労務学会員。
1973年生まれ。三重県出身。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中