2024年 2月 29日 (木)

人のやる気を削ぐ「悪魔の言葉」に気を付けて!【尾藤克之のオススメ】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   子どもに「勉強しなさい!」と言わずに、成績を上げる方法を知りたくはありませんか。勉強が苦手な子どもや、一度勉強嫌いになってしまった子どもにやる気を取り戻し、勉強がしたくなる方法とはどのようなものでしょうか。

「勉強しなさいと言わずに成績が上がる!すごい学習メソッド」(藤野雄太著)永岡書店

「勉強しなさい」は言ってはいけない理由...大人も同じ

   以前、子ども向け適性診断の事業を展開している際、子どもが何をきっかけに勉強を好きになるか調べたことがある。結果は、知的好奇心が刺激される勉強は好きになるというものだった。運動神経の良い子どもに体育嫌いは少ないし、昆虫採集が理科好きに結びつきやすいし、読書が国語好きに結びつくといえばわかりやすいだろう。

「ダラけている子どもを見ると、ついお母さんは言ってしまいますよね。愛するわが子の将来を思えばこそ、当然のことだと思います。この言葉を言ってしまうお母さんの気持ち、とてもよくわかります。しかし残念ながら、この言葉はなんのメリットも生み出しません。逆に、子どもの勉強嫌いを加速させてしまいます」(藤野さん)
「『勉強しなさい』と言われて、『よっしゃ。勉強する気になってきたー!』なんて思う子どもはまずいないからです。人間は周りからの指示、強制を嫌う生き物です。これは大人も子どもも共通です。自介で主体的にやると決めたことにはやる気が高まりますが、人から強制されることには、なかなかやる気が起こりせん」(同)

   つまり、「勉強しなさい」は、頭ごなしに子どもの言い分を聞かず、決め付けた態度をとることから、嫌気を感じてしまうのである。知的好奇心が刺激されることもないから、このまま勉強嫌いになってしまう可能性が高くなる。「勉強しなさい」と言い続けられることにより、条件反射を起こすようになってしまう。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中