2024年 4月 22日 (月)

【2024年卒就活生】初任給&給与増額させる企業は「志望度」も上がる! 背景に、物価高に年金...経済的な不安

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   初任給や給与を増やす企業に、約7割の学生が「関心が高まり、就職先として志望度も上がる」と答えていたことが、マイナビ(東京都千代田区)の調査でわかった。

   来春3月卒業予定の全国の大学3年生、大学院1年生(2108人)を対象に実施した「2024年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査 1月」を、2023年2月13日に発表した。

   同社キャリアリサーチラボの研究員、長谷川洋介さんは、「物価高や将来の年金、貯金に関する不安を述べる学生の声があるなか、企業への評価の背景には、将来への経済的不安があると推察できます」と、コメントしている。

  • 2024年卒就活生の動向は?
    2024年卒就活生の動向は?
  • 2024年卒就活生の動向は?

すでに86%がインターンシップに参加...前年より増加

   調査によると、今年1月単月のインターンシップやワンデー仕事体験の参加割合は54.8%で、前月から8.8ポイント減少、前年同月からは1.1ポイントの減少となった。また、1月までの累計の参加率は86.1%となり、前年比で2.1ポイント増えた。

   多くの大学で試験期間を迎えている1月だが、インターンシップへの参加率は今年も前年並みの水準で推移しているという。

   また、インターンシップへの参加などの就職活動の準備と、学業・定期試験の両立で悩んだり、苦労したりしたことがある学生は、前年比2.7ポイント増の72.6%で、多くの学生が両立に苦労している様子がうかがえる。ただ、前年からはあまり変わらなかった。

   「悩んだり苦労したりしたことがある」と答えた学生に、就活準備と学業の両立状況について聞くと「特にどちらを優先するということはなく、両方同じ程度力を入れている」と答えた人は13.0%で、前年から4.2ポイント増えた。

   「就活準備を優先したいが、テストや学業に忙しい」と答えた人は32.9%(前年比2.2ポイント減)で最多。次いで、「テスト勉強や学業を優先したいので、そうしている」が23.1%(前年と変わらず)、「テスト勉強や学業を優先したいが、就活準備に忙しい」は22.6%(1.6ポイント減)、「就活準備を優先したいので、そうしている」は8.4%(0.4ポイント減)だった。

   マイナビは、「就活準備と学業をうまく両立している学生も増えている」とみている。

   企業の賃金の伸び悩みや賃上げに対する議論が活発になるなか、「初任給や給与を増額させる企業の動きを、どのように感じるか」聞いたところ、68.2%の学生が「その企業に対する関心が高まり、就職先としての志望度も上がる」と答えた。賃上げに対する学生の関心は高く、志望動機にも影響を与えることがわかった。【図1参照】

図1 「自社の従業員の初任給や給与を増額させる企業の動きについてどのように感じるか?」約7割の学生が「その企業に対する関心が高まり、就職先としての志望度も上がる」と回答(マイナビが作成)
図1 「自社の従業員の初任給や給与を増額させる企業の動きについてどのように感じるか?」約7割の学生が「その企業に対する関心が高まり、就職先としての志望度も上がる」と回答(マイナビが作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中