働く女性がコロナ禍で挑戦したこと「資格取得」「起業・複業」 では、叶えたいことの第1位は?

   アラフォー・アラフィフ世代の働く女性が、コロナ禍で挑戦したことの第3位は「運動・美容」、第2位が「起業・複業」、そして第1位は「資格取得・学び」だったことがわかった。株式会社アズルート(東京都千代田区)が運営する「女性の働き方研究所」が、30~60代の働く女性(307人)を対象に意識調査を実施した。2023年2月4日の発表。

   さらに調査では、「2023年 あなたが叶えたいこと」も聞いた。その結果、第3位は「家族との時間の充実」、第2位が「体を鍛える」、第1位は?

  • 働く女性がコロナ禍で挑戦したことは?(写真はイメージ)
    働く女性がコロナ禍で挑戦したことは?(写真はイメージ)
  • 働く女性がコロナ禍で挑戦したことは?(写真はイメージ)

コロナ禍を機にスキルアップ!? 働くこと、仕事への関心かなり高く

   調査では、「コロナ禍を機に挑戦したことがあれば教えてください」と聞いたところ、全体の21.4%の働く女性が「資格取得・学び」と答え、最も多かった。第2位が「起業・複業」の14.7%、第3位の「運動・美容」が14.4%で続いた。

   また、7.7%の女性が「SNS・オンライコミュニティ」と答え、「仕事をオンライン化」(7.0%)や「zoom」(2.9%)などの仕事に関係する回答が複数あったことから、働くことや仕事への関心の高さがうかがえた。

   「特になし」(10.2%)や「その他」(8.0%)と答えた女性もいた。【図1参照】

図1 働くことや仕事への関心の高さがうかがえる(女性の働き方研究所調べ)
図1 働くことや仕事への関心の高さがうかがえる(女性の働き方研究所調べ)

   実際にどのようなことに関心があるのか、具体的な内容を聞いたところ、第1位の「資格取得・学び」では、外国語(英語、中国語など)やオンラインセミナーへの参加、栄養の勉強、投資などのスキルアップに「挑戦」した。

   第2位の「起業・複業(準備中含む)」では、在宅やオンラインでの起業や、講座の開講などがあがった。第3位の「運動・美容」は、筋トレやオンラインヨガ、シミ取り・スキンケア、ダイエットなど。在宅での時間やオンラインによる学習機会などを有効に使っていたようすがうかがえる。

姉妹サイト