2024年 3月 1日 (金)

若き新入社員の悩み...入社後のネガティブギャップ 残念に感じた1位は「任される仕事の内容」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   進学・就職などの新生活を控えた3月。入った会社で自分が活躍できるのか?もっと成長できる環境があるんじゃないか? そう若いころを思い出すビジネスマンも少なくないだろう。

   経営・組織コンサルティングのエッグフォワード(東京都港区)は2023年3月3日、企業の成長意欲の高い新入社員を対象に、新人若手の成長に関する実態調査の結果を発表した。

   それによると、新卒2年目までの若手社員のうち、任される仕事にギャップと先行きの不安を感じる割合が90%以上に上り、約半数が転職を検討したことがあるという。

  • 会社で活躍する新入社員(写真はイメージです)
    会社で活躍する新入社員(写真はイメージです)
  • 会社で活躍する新入社員(写真はイメージです)

若手社員、成長にジレンマ? 上司とよくコミュニケーションとる「41.5%」

   今回の調査では2023年1月20日から1月25日までの間に、毎年5人以上新卒採用を実施している企業に勤める、成長意欲の高い新入社員101人を対象にインターネット調査を実施したものだ。

新人若手の成長に関する実態調査図表1 エッグフォワードの作成。
新人若手の成長に関する実態調査図表1 エッグフォワードの作成。

   まず、問1では入社前と入社後で残念に感じたギャップを複数回答で聞いたところ、「任される仕事の内容」が「41.1%」で最大だった。(図表1)

   次いで「仕事量・労働時間」が「24.8%」、「給与や福利厚生等の処遇」が「23.8%」という結果になり、全体の9割以上が入社後にネガティブなギャップを感じ、4割以上が「任される仕事内容」に不満を感じていることがわかった。

新人若手の成長に関する実態調査図表2 エッグフォワードの作成。
新人若手の成長に関する実態調査図表2 エッグフォワードの作成。

   続いて問2を見てみると、育成担当者または上司と新入社員の成長についてコミュニケーションをとっているかについては、よくとっているが「41.5%」だった。一方で、「あまりとっていない」「ほとんど話をしていない」「話はするが、成長をテーマにしたコミュニケーションはほとんどない」を合わせると半数以上(54.5%)の新入社員が「上司や育成担当者とコミュニケーションがとれていない」と回答した。(図表2)

新人若手の成長に関する実態調査図表3 エッグフォワードの作成。
新人若手の成長に関する実態調査図表3 エッグフォワードの作成。

   次いで問3では「入社当時を振り返って、現在の自身の成長をどのように感じていますか。」と質問したところ、「思い描いていたほど、成長できていない気がする」が「34.7%」で最多となっている。

   ほかに、「期待していたような成長の手ごたえは全くない」が「16.8%」、「成長できているかどうか、わからない」が「13.9%」となった。以上をあわせて、およそ65%の新入社員が入社から成長の手ごたえを感じていないことが明らかになった。(図表3)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中