2024年 5月 22日 (水)

衰退する消防団...初の2万人以上減少、70万人台に 報酬引き上げも期待通りとはいかず 災害活動での出動は増えているのに(鷲尾香一)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   地域コミュニティの中核的な存在でもある消防団の衰退が止まらない。

   2022年度の団員減少数は前年度比で2.6%も減少し、初めて前年度比で2万人を超える減少となった。全団員数も初めて70万人台まで減少した。

1990年に100万人を、2007年に90万人を割る 2019年度以降は、毎年1万人以上減少

   消防庁は毎年4月1日現在の消防団の状況について発表しており、2022年12月20日に2022年度の「消防団の組織概要等に関する調査」の結果を公表した。

   調査結果によると、2022年4月1日時点の消防団員数は78万3578人で、前年度比で2万1299人(2.6%)も減少した。

   消防団員数は1950年代前半には200万人以上いた。しかし、1956年に200万人を割り込むとその後も減少は止まらず、1990年には100万人を、2007年には90万人を割り込んだ。直近10年間で2019年度以降は毎年度1万人以上団員が減少しており、累計で9万615人も減少している。(表1)

   団員数の減少に伴い、5000以上あった消防団も1957年には5000を割り込み、1961年には4000を、2004年には3000を割り込んだ。2022年度の消防団数は2196で前年度比2団減少した。ここ10年間で解散した消防団数は38に上り、2000団割れが刻々と近づいている。(表2)

   団員数減少の背景には、毎年の退団者数が高止まりしている半面、入団者数の減少が加速していることがある。

   2022年度は入団者数が3万3445人だったのに対して、退団者数が5万4744人と大きく上まわった。ここ10年間では入団者数が46万3021人に対して、退団者数は55万8792人に上る。(表3)

   特に、20歳代の入団者数が約4割、30歳代が約2割減少するなど、若年層の入団者数減少が顕著となっており、近年は入団者数の減少に拍車がかかっている。

   こうした団員減少への対応策として、女性団員と学生団員の増強を図っており、女性団員は2022年度に2万7603人、学生団員は5706人となっている。しかしながら、直近10年間で女性団員は7494人の増加、学生団員は3371人の増加と、団員数減少に対しては焼け石に水の状況だ。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中