2024年 5月 20日 (月)

人間関係よりもツライ?! 調査で判明...自営業・フリーランスが「確定申告」にかかる時間、平均752分!

   サラリーマンでよかったことの一つは、税金の控除や還付金などの申請が年末調整だけで終わることかもしれない...。

   アメリカン・エキスプレスが2023年3月8日に発表した、全国の自営業とフリーランスとして働く男女600人が対象の「確定申告に関する実態調査」の結果を見ると、そんなふうに感じるのではないだろうか。

   調査結果によると、個人事業主やフリーランスの確定申告のため領収書の整理集計、帳簿の作成などの作業に、合計で平均752分(約12時間半)もかかっていることがわかり、感じるストレスは仕事の人間関係よりも強いという。

   ビジネスパーソンでも、近年は大手企業が元社員と業務委託契約を締結する「個人事業主制度」を導入したり、副業を解禁する企業があったりするなど、確定申告について知っておく必要があるのかもしれない。

  • 終わらない伝票の処理…(写真はイメージです)
    終わらない伝票の処理…(写真はイメージです)
  • 終わらない伝票の処理…(写真はイメージです)

「必要書類の取りまとめ」129分、「データの集計」127分、「集計結果の記入」121分...

   この調査は、個人事業主やフリーランス向けの法人クレジットカード(ビジネスカード)の事業を展開するアメリカン・エキスプレスが実施。2023年2月7日から2月9日までの間に、全国の自営業またはフリーランスで確定申告をする男女計600人(事業年数4年以上が400人、4年未満が200人)を対象にインターネット調査をおこなった。

確定申告にかかる時間(図表1)
確定申告にかかる時間(図表1)

   まずは、確定申告について勉強したり、領収書など必要書類を取りまとめたり、データを集計したりと、必要な作業にどれくらい時間がかかっているか聞いた。(図表1)

   結果をみると、「確定申告についての勉強や情報収集」に96分、「源泉徴収票や領収書など必要書類の取りまとめ」に129分、「データの集計」に127分、「集計結果の記入や入力」に121分など、全体平均の合計値は752分(12時間32分)かかっていることがわかった。年度末の忙しい時期に、一日2時間やっても6日間かかる計算になるから、それなりに手間のかかる作業である。

確定申告で大変だと思う作業(図表2)
確定申告で大変だと思う作業(図表2)

   次に、確定申告で大変だと思う作業について質問すると、1位が「源泉徴収票や領収書など必要書類のとりまとめ」(43.8%)、2位には「データの集計」(37.8%)、3位が「日々の帳簿付け」(36.5%)という結果になった。(図表2)

   事業に必要な経費を落とすためには日々の領収書を集めておいて、年度末に整理・データ集計する人は多いが、1年分のたまった領収書を処理するとなると、手がかかるはずだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中