2024年 3月 1日 (金)

主婦層の女性が「これからも仕事をしていきたい」理由とは? 調査で判明...キーワードは「金銭」と「社会との接点」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   厚生労働省の調査によると、育児休業取得率は女性で8割台と高い水準で推移しているという。男性の育児参加が推奨されているが、まだまだ家事や育児の女性への負担は大きい。そのため、いったん仕事を辞め、子どもが小さいうちは子育てに専念したいと、主婦になる女性も少なくない。

   そんな中、「しゅふJOB総研」を運営するビースタイルホールディングス(東京都新宿区)が2023年3月8日、「女性が働く理由」をテーマに、主婦層を中心とする就労志向の女性にアンケート調査を実施し、その結果を発表した。それによると、「これからも仕事をしていきたい」人は30代以上で89.7%に上ることがわかった。

   その理由をみてみると、「今後の生活に不安を感じる(収入面)」(65.2%)と「社会とかかわり視野を広げたいため」(63.2%)の割合が高く、求人を選ぶときに「金銭面」と「社会との接点」が大切な要素になっている実態が浮かび上がった。

  • 女性が働き続けたい職場とは?(写真はイメージです)
    女性が働き続けたい職場とは?(写真はイメージです)
  • 女性が働き続けたい職場とは?(写真はイメージです)

「仕事が好き」77.8%、「仕事を続けたい」89.7% 意識の高さ明らかに

   この調査は仕事と家庭の両立を希望する主婦・主夫層の本音と実情を探る「しゅふJOB総研」がネットアンケートで30歳以上の女性522人に調査したもの。

(「しゅふJOB総研」の作成)
(「しゅふJOB総研」の作成)

   はじめの質問をみると、「あなたは仕事することが好きですか?」に対して「とても好き」が「24.7%」で、「どちらかといえば好き」は「53.1%」となり、仕事に対して肯定的な意見が77.8%を占めた。

   「どちらかといえば嫌い」(10.0%)、「とても嫌い」(1.3%)と否定的な意見は「11.3%」だった。仕事が嫌いな人の意見の理由をみると、

生活のために働きたいとは思うが、仕事は選びたい(40代)
出来れば、扶養範囲内で働きたい。毎日ではなく、少しゆとりを持ちつつ働きたい(50代)
家族がいるので、仕事だけのことを考える時間がない(40代)

   などが集まった。

(「しゅふJOB総研」の作成)
(「しゅふJOB総研」の作成)

   続いて、仕事に対するこれからのスタンスを聞いてみると、「非常に強く仕事をしていきたいと思う」(27.4%)と「できれば仕事をしていきたいと思う」(62.3%)を合わせると、89.7%とほとんどを占めることがわかった。

(「しゅふJOB総研」の作成)
(「しゅふJOB総研」の作成)

   仕事をしたいと思う理由をみると、第1位は「今後の生活に不安を感じるため(収入面)」が最も高く「65.2%」となった。次いで「社会と関わり視野を広げたいため」が「63.2%」で、「旅行や買い物など自分または家族の生活を豊かにするため」は「62.2%」となり、「老後への備えのため」(54.7%)、「自己実現、自己成長のため」(41.7%)と続く。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中