2024年 4月 17日 (水)

5月から、スマホ「番号持ち運び」手続きが簡素に! 携帯大手の「抵抗」なくなるが...いまこそ制度の基礎知識、もっと勉強しよう

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「電話番号を替えずに携帯会社を乗り換えたい」と思っても、手続きが煩雑だったが、2023年5月下旬から簡単になる。現在、契約前後の2社で手続きしなくてはならないが、1社だけで済むようになる。

   そんななか、モバイル市場専門の調査会社「MMD研究所」(東京都港区)が2023年3月14日に発表した「2023年2月通信契約サービスに関する調査」によると、スマホユーザーの4人に1人が番号を変えずに携帯会社を変える「番号持ち運び制度」(MNP)の経験者だという。

   ただ、「番号持ち運び制度」に関する基礎知識はイマイチのようで、せっかくの新制度も「仏(ほとけ)作って魂入れず」にならなければよいが......。

  • スマホの乗り換えがしやすくなる(写真はイメージ)
    スマホの乗り換えがしやすくなる(写真はイメージ)
  • スマホの乗り換えがしやすくなる(写真はイメージ)

「乗り換え」を過度に引き留める携帯大手の行為が横行

   総務省が2022年4月に公式サイトに公開した「MNPワンストップ化の検討状況について」や、報道をまとめると、電話番号を変えずに契約する携帯会社を乗り換える「番号持ち運び制度」(MNP=モバイル・ナンバー・ポータビリティ)について、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルの携帯大手4社が2023年5月下旬から手続きを乗り換え先のみで完結できるようにする方針を固めた。

   携帯電話各社の競争を促すため、総務省が手続きの簡素化(ワンストップ化)を求めて、システムの構築と運営開始スケージュールを大手4社と詰めていた。新たな仕組みには大手4社に加え、一部の格安スマホ事業者(MVNO)も参加する予定だ。

   現在、番号持ち運び制度を利用するには、契約中の会社と乗り換え会社の2か所で手続きが必要だ。たとえば、A社からB社に乗り換える場合、まずA社に「MNP予約番号」の発行を依頼する必要がある。そのうえで、B社の販売店やホームページで予約番号を示して新しい契約を結ぶ。

   手続きが2段階で手間がかかるうえ、契約中のA社による利用者の過度な引き留め行為が横行しているため、乗り換えが進まない要因となっていた。5月下旬から始まる仕組みでは、乗り換え先B社だけで手続きが済む。A社解約に伴う説明もB社で受け、A社とのやりとりが不要になる。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中