2024年 5月 20日 (月)

転勤になったら、マイホームはどうする? 「売却」「空き家」、あるいは「貸す」という手も...転勤経験者に聞いた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新年度を前に、企業は転勤や配転、人事異動であわただしい時季を迎えている。なかでも、転勤となると、今の住まいをどうしようかと、頭を痛めるビジネスパーソンは少なくないだろう。

   そんな転勤とマイホームについて、ビジネスパーソンに聞いた調査がある。それは、信頼できる不動産売買のプロがわかるサイト「おうち売却の達人」を運営する全国不動産売却安心取引協会がおこなったもの。

   対象は、全国の30歳以上50歳未満で世帯年収が500万円以上の会社員(正社員)の子供がいる既婚男性2993人で、この調査によると、約半数の人が、内示が出た時に住んでいた持ち家をそのままにして、「単身赴任」したり、「空き家」にしたりしていることがわかった。2023年3月16日の発表。

内示が出た時に住んでいた家は、約4割が戸建ての持ち家

   調査によると、会社員(正社員)の半数弱が「転勤経験があり」、このうち3割超が2回以上の転勤の経験あることがわかった。

   「転勤の経験はあるか?」との問いに、「1回あり」と答えた人は14.5%、「2回あり」が9.2%、「3回あり」は7.0%だった。「4回あり」は3.8%。「5回以上あり」の人も13.2%にのぼった。

   転勤を経験したことがある人は47.7%いることがわかった。転勤経験「なし」は52.3%だった。【図1参照】

kaisha_20230322143643.png
図1 転勤の経験がある人は47.7%だった(「おうち売却の達人」調べ)

   転勤の経験がある人に「内示が出た時に住んでいた家の種類は何か?」と聞いたところ、転勤回数にかかわらず、最も多かったのは「持ち家(戸建て)」(転勤1回の人:38.9%、複数回:42.3%)だった。次いで、「賃貸(集合住宅)」(1回:30.1%、複数回:33.3%)だった。

   転勤経験が1回の人は「持ち家(集合住宅)」が13.3%で第3位。複数回の人は「持ち家(集合住宅)」(14.0%)よりも「社宅・寮」の19.4%(1回:8.1%)のほうが多く、こちらが第3位となった。

   調査からは、半数以上の転勤経験者が、転勤の内示が出た時、持ち家に住んでいたことがわかったほか、企業によっては転勤者の借上げ社宅制度があるため、転勤の経験が複数回ある人は「社宅・寮」の割合が多いことが考えられる。【図2参照】

kaisha_20230322143701.png
図2 転勤の内示が出た時に住んでいた家は「持ち家(戸建て)」が多かった(「おうち売却の達人」調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中