2024年 4月 20日 (土)

米国の金融システム不安は薄らぐも...景気後退への懸念は強まり、要注意(3月27日~3月31日)【株と為替 今週のねらい目】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 もみあいか 米国の利上げ停止観測が強まり、一定の買いも期待できる状況に

東京株式市場見通し(3月27日~31日)
日経平均株価予想レンジ:2万6900円~2万7800円

2023年3月24日(金)終値 2万7385円25銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、もみあいか。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、小幅反発した。米国の銀行破綻に端を発した金融システム不安が懸念材料となったが、イエレン米財務長官が中小銀行の保護前向きな姿勢を示したことで、金融システム不安が後退し、相場の支援材料となった。ただ、金融システム不安を払拭するには至らず、上値の重い展開が続いた。

   今週の日経平均株価は、もみあいとなりそうだ。

   金融システム不安については、懸念材料としてのピークは過ぎたようだが、引き続き、不安がつきまとう状況だ。

   米国ではFOMC(米連邦公開市場委員会)が予想通りの利上げに踏み切ったことで、株価の上値は重くなっている。一方で、金融システム不安が薄らいだことや、米国の利上げ停止観測が強まったことで、一定の買いも期待できる状況となっている。

   目先は、3月期末を見据えた動きになると思われ、29日の権利付き取引最終日と、翌30日の権利落ち日の売買動向で、どのような動きになるかが注目される。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中