2024年 5月 27日 (月)

【2024年卒就活生】インターンシップが早期化の傾向 「より早い時期に学生と接点を持ちたい」 採用との「連携」の動き広がる

   インターンシップの実施が早期化しているうえ、増加傾向にあることがわかった。就職情報サービスの学情(東京都千代田区)が2023年3月28日に発表した。

   調査は、企業や団体の採用担当者を対象に実施。2024年卒のインターンシップを振り返り、分析したところ、より早い時期に学生との接点を持ちたいという企業の意向がうかがえる結果となった。

   大学3年生の夏・秋開催のインターンシップが増加し、12月以降の開催が減少したことや、インターンシップの実施回数を「増やした(増やす予定)」企業が半数に迫った。

早期化進む...「3年生の夏や秋」実施企業が増加

   調査によると、2024年卒の学生を対象とするインターンシップ(オンライン形式)を、「3年生の夏や秋」に実施した企業は、「3年生の6月前」で7.9%、「3年生の7~9月」が51.8%、「3年生の10~11月」の47.0%と、前年度(23年卒採用)と比べ、それぞれ0.6ポイント、1.6ポイント、3.2ポイント増えた。

   対面形式の場合でも、「3年生の夏や秋」に実施した企業は、「3年生の6月前」で5.29%、「3年生の7~9月」が50.18%、「3年生の10~11月」の39.4%と、前年度(23年卒採用)と比べ、それぞれ1.1ポイント、9.1ポイント、6.1ポイントと大きく増えた。

   その一方で、インターンシップをオンライン形式で「3年生の12~1月」に開催した企業は61.4%(前年度比4.2ポイント減)、「3年生の2月」開催の企業が42.9%(同5.3ポイント減)と減少している。

   対面形式でみても、「3年生の12~1月」に開催した企業は53.5%(前年度比1.0ポイント減)、「3年生の2月」開催の企業が38.9%(同2.5ポイント減)と減少していた。【図1参照】

   より早い時期に学生との接点を持ちたいという企業の意向がうかがえ、インターンシップ開催の早期化が進んでいるとみられる。

図1 インターンシップ開催の早期化が進展している(学情調べ)
図1 インターンシップ開催の早期化が進展している(学情調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中