2024年 6月 15日 (土)

4月だからこそ!働き方を「アップデート」しませんか? コスパ・タイパ...Z世代の流行りをいいとこ取り!(ひろ子ママ)

   ビジネスパーソンにとって30代、40代は、上司もいて、部下もいて、あるいは周囲の活躍も気になって...という悩み多き世代ではないでしょうか。

   当コラム「その仕事の悩み、こんなふうに考えてみよう。」では、キャリアや生活にまつわる悩みに、組織や人材開発、コーチングに詳しい「ひろ子ママ」が、アドバイスやエールをお送りしていきます。

◆きょうのお悩み

   きょうはAさんが、こんな悩みを抱えて、いらっしゃいました。

「職場にさまざまな年齢層の人が増え、その分、価値観の違いも感じています。『共感できること・できないこと』がありますが、『どれが正しい・正しくない』ではないと思っています。4月が始まったばかり。Z世代の流行りなども取り入れて、自分自身の『働き方』をアップデートさせていきたいです」

自分の価値観もアップデートさせていく

   Z世代のコスパ・タイパを重視する行動に着目した記事を見かけることがありますよね。記事を読みながら、私自身も「Z世代じゃないけれど、Z世代と同じような行動をしている」と感じることもあります。たとえば、動画を倍速で見るなど「タイパ(タイムパフォーマンス)」を意識した行動です。

   「動画の倍速視聴」は、Z世代に限らずあらゆる世代で広がっているそうです。私たち現代人は「やること」「情報量」が多すぎて、「時間を無駄にできない」という意識が働いているからなんですね。そのほか、倍速視聴が増えている理由として、

・映画の作品数が多い(ネットで多くの作品を見られる状態)
・セリフですべてを説明する作品が増えた
・そもそもタイパを意識する人が増えた

   といったものがあります。

   上記の理由をみると「映画を倍速で見ることも仕方ない行動なのでは......」とも納得もできますよね。映画も「鑑賞する映画」から「消費する映画」へと一つのコンテンツとして捉えるように変化しているんだそうです。

   このように、「どうしてタイパが重視される時代になったのか」「時代にどのような変化があったのか」などと考えることで、Z世代の価値観についても共感できることにもつながりそうですね。そして、時代の流れや背景を見ながら、自分の価値観をアップデートさせる必要もありますね。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター

不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。鳥取県生まれ、大阪在住。多拠点生活に向けて活動中。
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中