2024年 4月 13日 (土)

副業は本業に「いい影響」を与えるのか? 管理職66.5%がポジティブな評価! では、スキルアップになるのはどんな職種?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2018年に政府による副業・兼業のガイドラインができてから、副業解禁のムードが高まった。副業を認める企業では、他社の企画業務に参画したり、販売サービスを利用した物販を始めたり、あるいは農業や漁業という一次産業の手伝いをしたりしている人もいるという。

   また、副業のマッチングサイトでは、「履歴書に書ける副業」をうたうところもあるなど、本業を生かした知識や経験によるさらなるスキルアップもまた、副業の魅力にちがいない。

   そんななか、パーソルキャリア(東京都千代田区)が運営するプロフェッショナル人材の活用総合サービス「HiPro」が2023年3月31日に発表した「企業の副業人材の実態と副業実施者の本業への影響」によると、副業を解禁した企業では副業を経験した社員のスキルなどが本業に生きているという実態が明らかになった。

   それでは、社員のスキルが伸びるような副業にはどんなものがあるのか?

  • 副業を経験した社員が活躍している(写真はイメージです)
    副業を経験した社員が活躍している(写真はイメージです)
  • 副業を経験した社員が活躍している(写真はイメージです)

「副業解禁」企業で副業している社員は4人に1人 副業への上司の評価はポジティブ

   この調査は、全国の20代から60代男女のうち副業を解禁している企業の管理職1709人と、自身が副業を行っているビジネスパーソン200人を対象に、3月11日から3月13日までインターネットリサーチで調査したもの。

【パーソルキャリア プロフェッショナル人材の活用総合サービス「HiPro」調べ】
【パーソルキャリア プロフェッショナル人材の活用総合サービス「HiPro」調べ】

   まずはじめに、副業を解禁している企業の管理職1709人を対象に、「配下メンバーで副業を行っている人がいるか」を聞いたところ、「いる」と回答した人は「26.1%」におよび、およそ4人に1人が、副業しているメンバーを抱えているようだ。

【パーソルキャリア プロフェッショナル人材の活用総合サービス「HiPro」調べ】
【パーソルキャリア プロフェッショナル人材の活用総合サービス「HiPro」調べ】

   また、副業を行っているメンバーを抱える管理職200人に、「メンバーの副業が本業に与えている影響」を聞いたところ、「とてもいい影響を与えている」(20.5%)と「いい影響を与えている」(46.0%)を合わせた「66.5%」がポジティブに回答している。大半の管理職は、配下の社員の副業が本業へ良い効果をもたらすと感じているらしい。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中