2024年 5月 30日 (木)

入社式「心を震わす社長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【2:熱き志で人々と社会に尽くす編】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新年度がスタートした2023年4月3日、多くの企業で入社式が行われた。

   ウクライナ危機、世界的なインフレと景気後退リスク、さらにAI(人工知能)時代の到来という未曽有の歴史の大転換のさなかだからこそ、多くの社長が心の底から新入社員を歓迎し、「一緒にこの危機を乗り越えていこう!」と熱いエールを送った。

   J‐CAST 会社ウォッチ編集が、「心を震わす社長の挨拶」を独断で選んでみた。

パーソルHD・和田社長「ハハハハと、はたらいて、笑おう」

   <入社式「心を震わす社長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【1:ビジネスで大切なこと編】>の続きです。

   企業の中には、創業の理念として社会のため、人々のために存在することを高らかに謳っているところが少なくない。そうした会社では、社会的使命を熱く語る社長が多かった。

パーソルホールディングス和田孝雄社長/入社式の様子(同社プレスリリースより)
パーソルホールディングス和田孝雄社長/入社式の様子(同社プレスリリースより)

   「ハハハハと、はたらいて、笑おう」と呼びかけたのは、総合人材サービスのパーソルホールディングス和田孝雄社長だ。和田社長は、パーソルグループの創業者篠原欣子(しのはら・よしこ)会長(88)を取りあげた。

「篠原さんが起業した当時(1973年)は、女性にとって決してはたらきやすいとは言えない世の中でした。『女性が意欲的にはたらく場所がないなら、自分が創ればいい』。そう心に誓った篠原さんは、強い意志と卓越した行動力で、パーソルグループの前身であるテンプスタッフを創業しました」
「篠原さんの志は、今でも企業の経営理念としてしっかりと根づいています。お客様の声にしっかりと耳を傾け、お客様のためになることは何か考え抜き、誰もが『はたらいて、笑おう。』を実現できる社会を目指して頑張ってほしいと思います」
「そこで、皆さんにぜひお願いしたいことがあります。それはまず、皆さん自身に『はたらくWell-being』を実感してほしいということです。『自分は仕事をしていて楽しいか?』『自分の仕事は人々の役に立っているか?』『自分の仕事は数ある選択肢の中から選んだものなのか?』。常に自分に問いかけてください」
「皆さんが『YES』と答えられる状態であることが私の願いです。そのためにも、自身の仕事に『意義』と『誇り』を感じて、皆さん一人ひとりの『はたらいて、笑おう。』を実現していただきたいと思います」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中