2024年 5月 25日 (土)

個人投資家の8割、物価上昇による資産価値の目減りに不安 でも、対策をとっていない人多数

   多くのモノの値段が上昇するなか、物価が1年前と比べて「上がった」と答えた人は約9割。そのうち、家計が「圧迫されている」と答えた人が約7割にのぼることが、東京海上アセットマネジメントの「インフレ実感と投資行動に関する調査」でわかった。2023年3月31日の発表。インフレが多くの人の生活に影響を及ぼしている。

   そのような状況にあって、インフレで資産価値が目減りすることを「心配している」人は約8割。ところが、資産を守る対策をとっている人は約3割。一方、対策をとっていない人は約7割で、その理由は「どのような対策が必要かわからない」と答えた人が最も多かった。

インフレの実感、86%が「1年前から上がった」

   調査によると、「物価は1年前と比べて、どう変わりましたか」(n=1200)との問いに、「かなり上がった」と答えた人は57%、「少し上がった」は30%で、合わせて86%の人がインフレを実感していることがわかった。

   「ほとんど変わらない」は10%。「少し下がった」(2%)、「かなり下がった」(1%)と答えた人も、わずかだがいた。

   また、「インフレを実感している」と答えた人(n=1036)のうち、インフレが家計を「とても圧迫している」と答えた人は22%、「やや圧迫している」は51%と、合計で74%にのぼった。インフレは、約6割(86%×74%)の人の家計の支出に影響を及ぼしている。

   「家計にはそれほど影響はない」が24%、「家計にまったく影響がない」と答えた人は3%だった。

   さらに、インフレが家計を圧迫していると答えた人(n=764)のうち、87%の人が「出費を削減している(節約している)」と答え、大半を占めた。次いで、「これまでの貯蓄を取り崩している」と答えた人も28%と多かった。

   「新たな収入源を得た(副業など)」と答えた人は5%、「新たに借り入れをした」人は3%と、わずかだがいた。「その他」は1%。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中