2024年 5月 23日 (木)

「百貨店」利用者、年々減少傾向...半年に1回以上の人43.4%

   最近、百貨店に行きましたか?

   マイボイスコム(東京都千代田区)が2023年4月14日に発表した「百貨店の利用に関するインターネット調査」によると、半年に1回百貨店を利用する人は「43.4%」で、月1回以上という人は「17.6%」という結果が出た。百貨店を利用する人が年々減少している実態が明らかになった。

   一方で、百貨店利用者が良くいく売り場は「スイーツ・デザート、お菓子類」が「51.9%」、「惣菜・お弁当、パン・ベーカリー」が「47.2%」と訪問する人の過半数がグルメを目的と、デパ地下の集客力はやはり強いようだ。

  • 自分へのご褒美に百貨店はいかが?(写真はイメージです)
    自分へのご褒美に百貨店はいかが?(写真はイメージです)
  • 自分へのご褒美に百貨店はいかが?(写真はイメージです)

百貨店の利用目的で多いのは、やっぱりデパ地下!

   この調査は同社がアンケートモニター9705人にインターネット調査で調べたもの。調査時期は3月1日から3月5日までだった。

(マイボイスコム調べ)
(マイボイスコム調べ)

   結果を見てみると、半年に1回以上百貨店を利用する人は「43.4%」で2006年からの過去調査で見ても最も低い結果となった。また、月に1回以上利用する人は「17.6%」となった。一方で、「ほとんど行かない」が「46.7%」、「利用したことがない」が「10.0%」となり、合わせて「56.7%」がほとんど百貨店に行かない傾向となっている。

   百貨店の利用目的をみてみると、「デパ地下の食品売り場の利用」が利用者の「36.8%」、「手みやげや差し入れ、お土産などの購入」「お祝いの品や記念品、プレゼントの購入」「物産展やイベント・フェア開催時」がそれぞれ20%程度となった。

   属性を見てみると、「デパ地下の食品売り場の利用」「レストランやカフェなどの利用」は女性50代から70代で多く、「お中元・お歳暮の品の購入」は70代で高くなっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中