2024年 5月 25日 (土)

知らないと、損する?! 「もらえる給付金」けっこうある

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ビジネスパーソンにとって30代、40代は、上司もいて、部下もいて、あるいは周囲の活躍も気になって...という悩み多き世代ではないでしょうか?

   当コラム「その仕事の悩み、こんなふうに考えてみよう。」では、キャリアや生活にまつわる悩みに、組織や人材開発、コーチングに詳しい「ひろ子ママ」が、アドバイスやエールをお送りしていきます。

◆きょうのお悩み

   きょうはJさんが、こんな悩みを抱えて、いらっしゃいました。

自らを高めていかないといけない時代になったなと感じています。オンラインで学べることも増えているため、誰でも「学び」を日常に取り入れることは容易にはなっているかと思います。しかし本格的に学ぶとなると、やっぱり立ち止まってしまうのが受講料、学費の負担です。毎月、節約生活をしていますが大きな金額が貯まるわけではないので、受講料の高さには腰が引けてしまっています。将来の自分への投資にはなるとは分かっていても金額を目の前に立ち止まってしまうんですよね。

会社員であれば知っておきたい! 学びのための給付金

   Jさんのように仕事以外で自ら「学び」を深めたい方は増えていると思います。しかし、Jさんと同じく「学びたいけど学費の負担が......」とか「もう少し安かったら......」などといった声もありますよね。

   そこで、会社員も利用できる制度「教育訓練給付制度」を知っておきましょう。「教育訓練給付制度」とは、働く方の能力開発やキャリアアップを支援するために、厚生労働大臣の指定した講座を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。

   「教育訓練給付制度」の対象となる講座は、約14,000講座。身につけられる内容やスキルのレベルによって異なり、「一般教育訓練」、「特定一般教育訓練」「専門実践教育訓練」の3つに分かれています。

   「政府広報オンライン」のページに書かれているので詳しくはこちらを見てください。また、受給資格の条件は、最寄りのハローワークに確認が必要です。

   講座によって、給付金の額や受給条件も異なるので調べておきましょう。普段、暮らしていてもこのような給付金の仕組みを誰かが積極的に教えてくれるわけではありません。

   知っていると知らないでは、負担の削減額や身につくスキルに大きな差が出ます。都道府県別に無料でキャリアコンサルタントによるコンサルティングを受けることもできるので、活用してみるのもおすすめですね。

   ただ受講するだけでなく、基準を満たさないと受給資格がもらえないこともあるのでプレッシャーにもなりそうです。ほどよいプレッシャーを感じながら「新しい学びの習得」が目指せそうです!

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター

不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。鳥取県生まれ、大阪在住。多拠点生活に向けて活動中。
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中