2024年 5月 20日 (月)

カクヤスG株、ストップ高...飲食店向け販売伸び、上方修正を好感 年間配当も30円に...前期から10円増

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   酒類販売のカクヤスグループ(カクヤスG)の株価が2023年4月19日の東京株式市場(スタンダード)で、一時ストップ高水準(制限値幅の上限)となる前日終値比300円(23.0%)高の1603円をつけ、年初来高値を更新した。

   終値は202円(15.5%)高の1505円。前日の18日、2023年3月期連結決算の業績予想を上方修正しており、コロナ禍で落ち込んだ飲食店向けの販売が伸びていることなどが好感された。

23年3月期連結決算の業績予想 最終利益は5億5000万円...従来予想より3億5000万円多く

   上方修正の内容を確認しておこう。売上高は従来予想比9億円多い1149億円(前期比34.4%増)、営業損益は同3億8000万円多い7億8000万円の黒字(前期は33億2800万円の赤字)、経常損益は同3億7000万円多い7億7000万円の黒字(前期は28億9800万円の赤字)、最終損益は同3億5000万円多い5億5000万円の黒字(前期は28億800万円の赤字)。2月13日時点の従来予想値に比べ、各利益ともに黒字幅が拡大する。

   カクヤスGは修正理由として、「コロナウイルス感染症の5類への移行決定等を受け、酒類需要の増加が2、3月の売り上げ伸張につながり、前回予想を上回る見通しとなった」としている。これまで未定としていた期末配当を20円とすることも発表した。中間期と合わせた年間配当は30円で前期から10円増となる。

   ちなみにカクヤスGは1921年、東京でカクヤス商店として酒類販売業を創業。首都圏を中心に出店し、ピンクの看板で知られる主力の「なんでも酒やカクヤス」の拠点は2022年3月末で183か所になっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中