2024年 4月 25日 (木)

「夫婦一緒に子どもを育てたい」20代の意識変化、調査からも浮き彫りに...「フラットな分担意識が女性を中心に高まっている」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   20代男女の「結婚観」「育児観」は、上の世代とこれだけ違う――。

   博報堂(東京都港区)の社内プロジェクトである、働く女性を研究する「博報堂キャリジョ研」では4月21日に「結婚・育児における働き方意識調査」を発表した。

   男女の結婚と育児における働き方の実態を明らかにしており、子どもが生まれたあとは「今よりも緩いペースで働きたい」とした20代女性は「57.9%」に上り、20代男性でも「39.0%」と 他の世代より高い傾向にあることがわかった。

   これらの調査の総括として同所では「共働き世帯が増加したいま、家事育児へのフラットな分担意識が女性を中心に高まっている様子もうかがえました」と現代の結婚観を分析している。

  • 若者の結婚観と働く世代の結婚観の違いとは?(写真はイメージです)
    若者の結婚観と働く世代の結婚観の違いとは?(写真はイメージです)
  • 若者の結婚観と働く世代の結婚観の違いとは?(写真はイメージです)

20代男女で結婚後は「今と同じペースで」 出産後は「今より緩いペースで働きたい」が平均以上に

   この調査は2022年10月14日から10月21日までの間、全国の20代から50代の働く男女2000人(男性400名、女性1600名)を調査。職種としては、総合・専門・一般や派遣・パートアルバイトなどは問わず、個人年収200万円以上とし、未婚・既婚は問わない、子供の有無は問わないものとした。また、女性は2020年国勢調査20-59才女性・就労人口構成比に準じて割付した。

(博報堂の作成)
(博報堂の作成)

   はじめに、結婚後の働き方の意向について。

   「今と同じペースで働きたい」が男性全体で「65.6%」なのに対して、女性全体は「55.6%」と10ポイントの差が開いた。

   一方、20代は男女ともに「今と同じペースで働きたい」が各世代の平均を上回った。どうやら、若い世代にとって結婚はキャリアに影響しないと考える傾向があるらしい。

(博報堂の作成)
(博報堂の作成)

   つぎに、子どもが生まれた後の働き方では、「今と同じペースで働きたい」という男性が「54.3%」に対し、女性は「24.7%」と2倍以上の差が開いた。結婚後の働き方よりも大きなギャップが見られた。

   また、「今よりも緩いペースで働きたい」とした20代女性は「57.9%」、20代男性も「39.0%」に上り、全体平均よりも高くなっている。

   同社では、

「仕事のペースを落とし、『夫婦一緒に子どもを育てたい』という意識が見られた。」

   とコメントしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中