2024年 6月 18日 (火)

アナタの出世と転職意欲、業界&職種の「働く環境」のせいかも! 調査で判明...出世と転職に、どん欲な業界と社内部署は? そして、無欲な仕事は?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「ああ、出世したい!」「転職したいなあ」。そんな思いを抱きながら日々働いているアナタ。そうした思いは、けっこう、アナタが働く業界や職種という「環境」に左右されていることをご存じだろうか。

   マーケティングリサーチの「アスマーク」(東京都渋谷区)が2023年4月18日に発表した「『出世&転職意識』の業種・職種による違い調査」で明らかになった。

   いったいどういうことか。「彼を知り、己を知れば、百戦殆(あや)うからず」(孫子)という言葉もある。ビジネス世界で生き残るために、参考にしていはいかが。

  • よし、出世するぞ!(写真はイメージ)
    よし、出世するぞ!(写真はイメージ)
  • よし、出世するぞ!(写真はイメージ)

出世と転職、収入にこだわりを持つ金融・保険業界

   アスマークの調査は、22~56歳の正社員男女1200人が対象だ。業種としては、「IT・情報通信」(147人)、「メーカー」(206人)、「卸売・小売」(114人)、「金融・保険」(70人)、「不動産・建設・設備」(105人)、「医療・介護・福祉」(157人)に分かれる。

   また、職種としては、「営業」(150人)、「一般事務・営業事務」(326人)、「経理・財務・人事・総務」(161人)、「マーケティング・経営企画」(31人)、「情報システム」(79人)、「販売・サービス」(104人)、「技術職」(234人)、「クリエイティブ職」(18人)、「その他」(97人)に分かれる。

   今回の調査は、業種と職種の双方から、転職や出世、報酬などを中心に仕事に関する意識の違いを探るものだ。

   まず、【図表1】を見ていただこう。これは「転職意向」や「出世意欲」、「高収入志向」の強さと弱さを表わすグラフだ。

(図表1)転職や出世に関する業種別の仕事意識(アスマークの調査)
(図表1)転職や出世に関する業種別の仕事意識(アスマークの調査)

   【A】に近いほど「チャンスがあれば転職したい」「出世したい」「経営に携わりたい」「収入が増えるなら、忙しくなってもいい」という意欲が強くなる。

   逆に、【B】に近いほど「1つの会社に長く働きたい」「出世したいと思わない」「経営に携わりたいと思わない」「収入が増えたくても、忙しくならないほうがいい」という気持ちが強くなる。

   【図表1】を見ると、業種別では、金融・保険が「転職」に関して前向きな考えの人が多く、「出世」に関しても他の業種よりどん欲であることがわかる。

   また、「積極的にスキルアップに取り組みたい」と「収入が増えるなら、責任が重くなってもいい」という考え方でも、他の業種より【A】に増えている。全体的に、金融・保険業は野心的な人が多いようだ。

   【図表2】は、「転職意向」や「出世意欲」、「高収入志向」の強さと弱さを職種別に比較したグラフだ。業種以上に、職種による仕事意識の違いが大きいことがわかる。

(図表2)転職や出世に関する職種別の仕事意識(アスマークの調査)
(図表2)転職や出世に関する職種別の仕事意識(アスマークの調査)

   特に「マーケティング・経営企画」や「営業」、「クリエイティブ職」で、他の職種と比べて特徴的な結果がみられる。「マーケティング・経営企画」は、「転職したい」「出世したい」「高収入を得たい」という3つの分野すべてで、他の職種と比べて突出して強い意欲を示している。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中