2024年 4月 14日 (日)

コマツの「DANTOTSU」...カーボンニュートラルを、ESGと収益向上の両立で実現【脱炭素銘柄をねらう】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   建設・鉱山機械や産業機械などの事業を展開するコマツ(小松製作所、6301)の「コマツのカーボンニュートラルへの取り組みと水素技術の活用」に、驚いた。

   2023年3月9日に開かれた「イワタニ 水素エネルギーフォーラム東京」(東京国際フォーラム)で、コマツの特別講演があった。そこでコマツの目指す、ありたい姿が「DANTOTSU」というのだ。

   「ありたい姿」の実現を、「カーボンニュートラル」への挑戦で目指すというコマツ。講演会では、そのロードマップを丁寧に説明してくれた。

2050年の「カーボンニュ-トラル宣言」を掲げる

   コマツは目指す「ありたい姿」は、「DANTOTSU Value 『ESG課題解決と収益向上の好循環を生み出す顧客価値創造』」として、中期計画(2022~24年度)の「外部環境の変化」、「成長戦略における主な重点活動」や、「経営目標」ではESG(環境、社会、ガバナンス)での課題解決による2050年のカーボンニュートラル宣言(チャレンジ目標)を掲げている。

   カーボンニュートラル宣言にある「よりクリーンな動力源への移行」として、(1)ハイブリッド(2)バッテリー式/有線式 電動(3)燃料電池(4)水素/バイオ燃料/e‐fuel内燃機関――と、開発に伴う移行過程を提示した。

   2050年のカーボンニュートラルに向けた「ロードマップ」では、「モノによる効率の改善」として機械の効率化や低排出カーボンレベルの向上(よりクリーンな動力源への移行)によるCO2排出量の削減を進めること。また、「コトによる効率の改善」として、「お客様の現場のあらゆる業務、施工、オペレーションの最適化・高効率化」によるCO2排出量の削減に取り組む。

   さらに、カーボンニュートラルに向けた「開発の方向性」では、2050年への工程として、非内燃機関(バッテリー車・燃料電池車)と内燃機関(ディーゼルエンジン車・水素「混焼」エンジン車・水素「専焼」エンジン車)の全方位で対応していくことを示している。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中