2024年 3月 2日 (土)

女性管理職に抜擢されたら、すぐに読みたい一冊!【尾藤克之のオススメ】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   グローバル化が進み、世界的に女性管理職が増えてきています。とりわけSDGsに向けた取り組みの一つとしても、女性活躍は重要なテーマです。従来、女性管理職が少なかった日本においても、人的資本経営が主張されるようになり、喫緊の課題とされています。

『女性管理職が悩んだ時に読む本』(いくみ著)日本能率協会マネジメントセンター

突然、異動を言い渡されたら?

   会社員には異動がつきもので、管理職はポジションのやり繰り事情が伴うため、突然言い渡されることも多いと、著者のいくみさんは言います。どのような心構えが必要でしょうか?

「今の勤務先で18年管理職をやっている私ですが、経営陣ではありませんので、『管理職の配置』については、受け身の立場。直属の上司から『いくみさん、次ここお願いします』と言われたことが、これまでに4回くらいありました。おそらくその上司のまたその上司の色々な意向があってのことでしょう」(いくみさん)
「頭では理解しているつもりでも、実際に突然『あっちいけこっちいけ』された側からすればたまりません。異動というのは業務指示ですから『嫌です』というわけにもいかず。私の場合は1つの事業を10年以上担当させてもらってから、その後に立て続けに異動が発生したので、最初の異動についてはなかなか心がついていけませんでした」(同)

   当時の上司からは「いくみさんの成長のためにも、新しいチャレンジをどうぞ」みたいな台詞があったそうです。いくみさんは次のように言います。

「ふん! 何言ってんのよ? 余計なお世話だわ。長年情熱を注いできたかけがえのない事業や愛する部下さんたちから離れなければならないことは、悔しい気持ちでいっぱいでした。しかし、今思い返してみると、ずっと同じところにいて快適なままではきっと私はそれ以上に物事を吸収することができなかっただろうと思います」(いくみさん)
「上司が『成長のために』と言っていたことはリップサービスかもしれませんが、やってみたら、実際、新たな気付きがあった。ご指示のおかげです、と心の中で上司に返しておきました。ちなみに、逆の立場で部下さんに異動を言い渡す時には、その経緯やら背景やら上司の本音やら包み隠さず伝えることを怠らないようにと心掛けています」(同)

   社内で上手く立ち回るのはスキル。会社には多かれ少なかれ理不尽な出来事が蔓延しているものかもしれません。自分に不利な人事が回らないように備えなければなりません。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中