2024年 4月 25日 (木)

売上1兆円企業! 山崎製パン社員の平均給与はいくら? 気になる業績や株価の推移もチェック【よくわかる企業分析】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   就職先や転職先、投資先を選ぶとき、会社の業績だけでなく従業員数や給与の増減も気になりませんか?

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、国内製パン業界売上高首位の山崎製パンです。

   山崎製パンは1948年に飯島藤十郎氏が創業し、1966年に東証一部に上場。現代表取締役社長の飯島延浩氏は藤十郎氏の長男で、現在81歳です。子会社51社・関連会社3社でグループを構成しており、傘下には不二家や東ハト、ヴィ・ド・フランスやB-Rサーティワンアイスクリームといった有名企業があります。

製パン業界首位も...コロナ禍で営業利益率1%台に

   それではまず、山崎製パンの近年の業績の推移を見てみましょう。

   山崎製パンの売上高は、年1兆円を超えています。業界2位のフジパングループ本社(非上場)の2689億円(2022年6月期)、敷島製パン(非上場)の1484億円(2022年8月期)と比べると、業界内でダントツ首位にあることが分かります。

   そんな山崎製パンですが、ここ数期は売上高が伸び悩んでいます。特に2020年12月期は、コロナ禍の影響を大きく受けて減少。ところが、2022年12月期でようやく回復の兆しが見えてきました。

   コロナ禍では、量販店やドラッグストアを中心に食パンや食卓ロールの需要が急増し、安定供給が求められました。その一方で、コンビニへの来客数減少による菓子パン、サンドイッチ、おにぎり等の需要減や、フレッシュベーカリー等小売業における休業や営業時間短縮が売上減に影響しています。

   2020年12月期と2021年12月期は、営業利益率も1%台に落ち込みました。ただし、最終利益も含めて黒字経営を維持し続けています。

   2023年12月期の業績予想は、売上高が前期比2.9%増の1兆1080億円、営業利益が同22.5%増の270億円(営業利益率2.4%)、最終利益は同21.3%増の150億円と、コロナ禍前を超える水準となる見込みです。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中