SNSによる「取り付け騒ぎ」の衝撃...米SVB経営破綻に思う 「ちょっとした噂話」「何気ない一言」の恐ろしさ(大関暁夫)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米国発の金融危機が、世界経済に大きな不安を投げかけています。

   3月にシリコンバレーバンク(SVB)が信用不安から経営破綻し、その余波で経営環境が類似していたニューヨークのシグニチャー・バンクも連鎖破綻。直近では、有力地銀のファースト・リパブリック・バンクにもその影響は及んで、預金が4割も流出して破綻するという異常な事態に至っています。

   また、その余波は欧州にも飛び火。以前より経営不安が噂されていたクレディ・スイスでも預金の流出が止まらず、スイス政府の仲介によってUBSがこれを救済合併することで沈静化をはかった、という事態も起きています。

筆者が体験した1998年の日本の「金融危機」、連日現場から悲鳴が...

   幸いこれまでのところ、日本では大きな影響は出てはいませんが、私は自身が経験した1998年に起きた日本の金融危機の嵐を思い出しました。

   それは、まだ金融機関の破綻処理ルールや預金保険制度の整備が進む前の時代。前年の北海道拓殖銀行、山一証券の相次ぐ経営破綻もあり、突如雑誌が日本長期信用銀行(以下、長銀)の大蔵省検査の不良債権分類データと共に同行の破綻懸念を書き立て、国民の金融不安に一気に火をつけるかたちとなりました。

   当時、国内の多くの金融機関では、今回の米銀やクレディ・スイスと同じく預金流出が止まらず、おろした多額の預金を自宅に現金で保管したり、あるいはより安全性が高いと思われた一部の大手銀行に移しかえなどする人が後を絶たないという、異常な状況に陥ったのです。当時、私が勤めていた大手地方銀行もその例に漏れず、連日預金残高が大幅に減少を続けるという危機的な状況になっていました。

   私は当時、本社で営業店を支援する営業企画部門にいたのですが、連日現場からは悲鳴に近い声が届いていました。

「預金を引き出すお客さんが引きも切らず、店の営業が立ちいかない」
「窓口担当の女子行員が、お客さまから罵声を浴びせられるかの如く応対され、銀行を辞めたいというスタッフが続出している」

   絶対つぶれないと思われてきた大手銀行長銀の危機は、噂が噂を呼んで「大手でさえ危ないのだから、地銀はもっと危ない」といった根も葉もない噂になって人々の間に伝播したのです。ほどなく銀行の破綻処理スキームが固まって、私の銀行は事なきを得ましたが、本当に恐ろしい体験でした。

   後に、大蔵省のキャリア官僚幹部から聞いて知った話があります。事の発端である長銀の不良債権データが雑誌にスパ抜かれたという常識ではあり得ない事が起きたのは、政権政党の大物政治家が国会に長銀頭取を呼んだ際の物言いがけしからんと、官僚に指示して雑誌にリークさせたのだということでした。

   一政治家の個人的な感情に任せた行動と、メディアの自身の影響力を省みない報道が世の中を不安のどん底に陥れた、そんな事件だったのです。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
姉妹サイト