2024年 4月 16日 (火)

ビジネスパーソンをつなぐ「もてなし」の場でありたい 職人がこだわる「接待」の流儀

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京の一等地、南青山。青山通りから一本入った路地に、大人の隠れ家的な寿司店がある。お品書きはなく、大将のおまかせ握りを堪能できる「鮨 西岡」だ。

   都会の喧騒を感じさせない店内は、カウンター8席と個室が1室4席。それぞれ木の温もりと清潔感に溢れる空間で、落ち着いた雰囲気がある。

   しっとりとお酒を嗜みながら過ごすのは、まさに大人の「もてなし」の時間。家族や友人はもちろん、ビジネスの場面でも会話がはずみ、おだやかに気持ちが通じていく。

   接待した人された人に満足してもらえる、ビジネスパーソンが「知っておいたほうがいい一軒」といえるだろうか。

   大将の西岡辰己さんに、高級寿司へのこだわりと「おもてなし」の流儀を聞いた。

  • 東京・南青山の大人の隠れ家的寿司店「鮨 西岡」
    東京・南青山の大人の隠れ家的寿司店「鮨 西岡」
  • 東京・南青山の大人の隠れ家的寿司店「鮨 西岡」

東京・南青山に出店 「運命の物件に巡り合えた」

   ビジネスを円滑に進めるための「おもてなし」は、大人の作法の一つといってよい。

   ビジネスの場面では、日頃のお付き合いの感謝のしるしだったり、よきパートナーとしての、今後のお付き合いへの期待だったり、「同じ釜の飯を食う」という仲間意識やチームワークだったり......。節度をもった接待ほど、人間関係を気持ちよく、円滑にする機会はない。

   さて、「どう、おもてなししようか」――。それはお店のチョイスから始まっているし、その人の思いや考え、人柄が映し出されるのだろう。

   ここ「鮨 西岡」には、「大切な方との食事は、笑顔とともに帰路につけるよう、『至誠一貫』の気持ちでもてなします」と言う、そんな「誘う人」の気持ちを汲んでくれる大将がいる。

   それもあってか、美食家で知られる歌手やタレントも常連客として足を運ぶ人気店でもある。

   この店の大将、西岡辰己さんは、瀬戸内海のおいしい魚が集まる愛媛県の出身。

   魚介のおいしさと、それを引き出す職人技の奥行きの深さ、寿司が継承している食文化に魅せられていくのは、ごく自然なことだったようだ。

   東京都内の人気寿司店で30年間、料理人として修業を積んできた。そして、独立。南青山に「鮨 西岡」を開業した。

   「いろいろな物件を見ましたが、この物件に出会った時は思い描いていた運命の物件に巡り合えたと感じました」と、西岡さんは話す。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中