2024年 5月 30日 (木)

中条あやみと結婚!市原創吾社長のAViC(エイビック)はどんな会社?気になる業績や株価もチェック【よくわかる企業分析】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   就職先や転職先、投資先を選ぶとき、会社の業績だけでなく従業員数や給与の増減も気になりませんか?

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、デジタルマーケティング支援事業を展開するAViC(エイビック)です。

   創業者で代表取締役社長の市原創吾氏は、2009年に青山学院大学理工学部を卒業後、サイバーエージェントに入社、2015年には28歳の若さで広告部門の局長に就任した人物。同社を退社後、2018年にAViCを立ち上げ、2022年6月には「創業4年3ヶ月」で東証グロース市場にスピード上場を果たしています。

   2023年5月1日には、女優の中条あやみさん(26歳)が市原社長(36歳)との結婚を発表して話題となりました。

   なお、市原氏は、AViCの総発行株式の38%を所有する筆頭株主。「資産34億円のIT業界の風雲児」とする報道もありますが、これは株式公開時の持株比率44.07%と、株価が一時跳ね上がった2022年11月の時価総額約79億円に基づくもので、現在の時価総額は約63億円に下がっています。

2022年9月期は前期比1.8倍の増収、2.6倍の増益

   それではまず、AViCの近年の業績の推移を見てみましょう。

   2018年3月に創業したばかりのAViCですが、業績は急速に伸びています。2018年9月期にはわずか3800万円だった売上高は、3年後の2021年9月期には13億円あまりに成長しました。

   2022年9月期の売上高は期首計画を上回る12.4億円とわずかに前期比減となりましたが、これは「収益認識に関する会計基準」の適用により、売上高の集計方法が変更になったためです。

   これは従来の売上高から、運用型広告業務における媒体費を引いた金額を売上高とするもの。この基準による2021年9月期の売上高は6.8億円、2022年9月期は前期比1.8倍の増収となります。

   また、2022年9月期の営業利益は前期比で2.6倍、営業利益率も9.1%から25.4%へと大幅に改善。当期純利益は2億円を超えています。

   主要な顧客は、2021年9月期はニューアート・シーマ(総合ブライダルサービス企業)が売上高1.45億円、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(博報堂系のインターネット広告代理店)が同1.38億円でしたが、2022年9月期は売上高の10%以上の顧客はありませんでした。

   2023年9月期の業績予想は、売上高が17.10億円、営業利益が4.18億円、営業利益率が24.4%、当期純利益が3.10億円で、いずれも前期比30%以上の増加と見込まれています。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中