2024年 5月 25日 (土)

副業には、どのくらい時間を充てている? 稼いでいる額のボリュームゾーンは?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   興味のある人も多い話題の副業だが、いったいどのくらい稼げるものなのだろうか?

   アフィリエイトの方法を紹介する「afb(アフィビー)」を運営するフォーイット(東京都渋谷区)は2023年5月17日に「副業に充てる時間に関するアンケート」の結果を発表した。

   今回の調査によれば、1日に3時間未満を副業に充てている人は「75%」おり、副業に充てた時間と最高月収は比例する関係にあることが明らかになった。

  • 副業のボリュームゾーンとは?(写真はイメージです)
    副業のボリュームゾーンとは?(写真はイメージです)
  • 副業のボリュームゾーンとは?(写真はイメージです)

1日に副業に充てている時間「3時間未満」が75.0%

   この調査は、2023年4月26日から5月2日までの間、事前調査で「副業をしたことがある」と回答した18歳~69歳の全国男女488人を対象にネットリサーチを行ったもの。

(フォーイットの作成)
(フォーイットの作成)

   はじめに、「副業に充てる時間は1日平均どのくらいですか」と質問。結果、1時間未満は「32.8%」、1時間から3時間未満は「42.2%」、3時間以上6時間未満は「17.6%」となった。副業に充てる時間が3時間未満の人は全体の「75.0%」となり、比較的短い時間で行う傾向があることがわかった。

(フォーイットの作成)
(フォーイットの作成)

   続いて、男女、年代別で集計してみると、すべての年代・性別で「3時間未満」と答えた人は7割程度となった。

   それぞれの項目で多いのは、20代女性の「50.0%」が1時間未満、40代男性の「60.0%」が1時間以上3時間未満、60代女性の「24.0%」が3時間以上6時間未満、30代女性の「16.0%」が6時間以上8時間未満を副業に充てているようだ。

   フォーイットでは「年代によってライフスタイルや取り組む副業の種類が変化し、割く時間にも違いが表れていることが推察されます」と指摘している。

(フォーイットの作成)
(フォーイットの作成)

   つぎに、未婚と既婚に分けて集計してみると、3時間未満と回答する割合は7割程度となった。6時間から8時間と長時間を副業に充てると回答した人は、未婚者が「8.3%」であるのに対して、既婚者は3.3%と5ポイント減少していることになった。家族との時間や育児などの時間を確保する必要があるため、限られた時間の中で副業に取り組むケースが増えているのだろうか。

(フォーイットの作成)
(フォーイットの作成)

   また、世帯年収別で副業に充てている時間を見てみると、世帯年収500万円以下は3時間以上6時間未満が「16.5%」、500万円以上1000万円未満では「17.2%」、1000万円以上は「21.8%」となった。

   1時間以上3時間未満の数値と合わせても、世帯年収が高くなるほどに割合が増えていることがわかった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中