2024年 5月 25日 (土)

就活市場で人気のコンサルは、こんな仕事をしている!

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京大学など難関大学の学生の間で、コンサルティング業界の人気が高いという。ところで、そもそもコンサルティングとはどのような仕事か? コンサルタントはどのようなキャリアを歩むのか?

   そうした疑問に答えてくれるのが、本書「コンサルティング業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書」(技術評論社)である。中途採用を希望する人にも参考になるだろう。

「コンサルティング業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書」(コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社著)技術評論社

   著者は、コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社。代表取締役社長の大谷内隆輔さんは、大手外資系コンサルファーム出身。2009年に同社を設立。大企業を中心にコンサルティングサービスを提供しているほか、コンサル向けの転職支援事業や教育事業も行っている。

コンサルティングの7つの領域とは?

   コンサルティングは、企業が抱えている経営課題を突き止め、解決するのが役割だ。コンサルティングの対象やテーマはさまざまだが、領域は以下の7つに分類されるという。

1 戦略コンサル 中長期経営計画やグローバル展開戦略の策定支援などを行う
2 ビジネスコンサル クライアントの業務改革(効率化)や売上向上支援などを行う
3 ITコンサル IT戦略の策定からシステム導入などの実行支援などを行う
4 組織・人事コンサル 人事評価制度や最適な組織設計などを行う
5 FAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)コンサル M&A(合併・買収)などを支援する
6 事業再生コンサル 立て直しが困難な企業、事業に対して再建および健全化を支援する
7 シンクタンク領域 政府や官公庁向けにリサーチ・分析・提言を行う

   コンサルティングのプロジェクトチームは、目的に最適な人員のみで構成される。役割をまっとうできなければ、プロジェクトをリリースされることもある、厳しい側面もある。

   新卒や未経験者も戦力として配置されるが、一定の成果を要求され、成長曲線も問われる。自己学習やスキルの研磨が常に求められる。

   プロジェクトはいくつかのフェーズで進行する。

   大まかに目標設定、計画策定、実行の3段階に分けて管理を行う。そのためにプロジェクトマネジメントを担う人がおり、プロジェクト計画やWBS(Work Breakdown Structure)が書かれたドキュメントを作成する。

   WBSとは、作業を分解して構造化することだ。これは、ゴールに対して、細かく構造化し、タスク化する。おおむね3段階程度まで掘り下げた構造にし、その最小単位のタスクの中で、方針・工数・誰が実施するかを自明にして、マネジメントしやすい形態にする。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中