2024年 5月 30日 (木)

勢いづく日経平均株価、このまま3万円台に定着できるか?...上昇スピードの速さに過熱感と警戒感も(5月22日~5月26日)【株と為替 今週のねらい目】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 上げ一服か 海外勢の積極的な日本株投資が続くかどうか

東京株式市場見通し(5月22日~26日)
日経平均株価予想レンジ:2万9800円~3万1200円

2023年5月19日(金)終値 3万808円35銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上げ一服か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、7日続伸し、週ベースでは6週続伸、一時3万900円台と3万1000円目前にまで上昇、1990年8月以来の約33年ぶりの水準を付けた。海外投資家による日本株投資が相場を押し上げたことに加え、決算発表を受けた日本企業の業績向上への期待感も買い材料となった。

   今週の日経平均株価は、上げ一服となりそうだ。

   焦点は、日経平均株価が3万円台に定着できるのか。日経平均株価は前週だけで1420円(4.8%)以上も上昇しており、上昇スピードの速さに過熱感と警戒感が出ている。このため、上値は重くなる可能性は高い。ただ、海外勢の積極的な日本株投資が続けば、日経平均株価が一方的に値を下げる展開は考えづらそうだ。

   注意しておかなければならないのは、米国連邦政府の債務上限問題が最終局面を迎えること。その動向次第では、世界中の金融市場に大きな影響が出る可能性がある。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中