2024年 4月 14日 (日)

「自己啓発本」読み過ぎの人に解毒剤 ネガティブ思考のススメ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   書店の本棚に行けば、ポジティブ思考を説く自己啓発本があふれている。

   だから最初、本書のタイトルを見て間違いだと思った。「ネガティブ思考こそ最高のスキル」(河出書房新社)。 不安や悲観主義、消極性はすぐれた知恵にして戦略だというのだ。いったいどういうことだろう?

「ネガティブ思考こそ最高のスキル」(オリバー・バークマン著、下隆全訳)河出書房新社

   著者のオリバー・バークマン氏は1975年生まれ。英国の全国紙「ガーディアン」記者。英国で最も権威ある報道賞・オーウェル賞・ノミネート。著書に「限りある時間の使い方」などがある。

アメリカの自己啓発本業界「18カ月ルール」とは?

   ジャーナリストらしく、アメリカ・テキサス州のスタジアムで開かれた自己啓発セミナーへの潜入取材の模様から書き出している。

   ポジティブ思考について35冊以上の本を出している自己啓発家の牧師は、「あなたがたの人生から『不可能』ということばを削除せよ! 永久に削除せよ!」と叫んだ。観衆は火がついたように盛り上がった。

   その理論は、ポジティブ思考を凝縮した教義のようなものだという。「もっぱら幸福と成功について考えることにしなさい。悲しみや失敗の亡霊は頭から追放しなさい。そうすれば、自然に幸福と成功を手にすることできますよ」というものだ。

   しかし、その数か月後、牧師が所属する、アメリカでもっとも大きなガラス張りの教会は裁判所に破産を申し立てた。「『倒産』という文字を自分の辞書から消し去るのを怠っていたようだ」と皮肉っている。

   アメリカの自己啓発本業界の「18カ月ルール」も紹介している。ある悩みをかかえた読者が自己啓発本を買って読む。すると18カ月以内に、次の本を買うというものだ。なぜなら、最初に買った本が読者の悩みを解決してくれなかったからだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中